クララ、演技に続き歌まで=クリスマスキャロル発表

Wow!Korea / 2014年12月9日 16時23分

韓国モデルで女優のクララが9日、映画「ワーキングガール」の制作報告会に出席し、クリスマスキャロルを発表したと明かした。

韓国モデルで女優のクララが9日、映画「ワーキングガール」の制作報告会に出席し、クリスマスキャロルを発表したと明かした。

クララは9日、各種オンライン音源サイトを通して「ミスターパパ」の「Happy Happy Song」をリメイクした「Happy Happy Song クリスマスバージョン」を発表した。

同楽曲は、クララが先月初めて発表したシングルアルバムに続く2番目の曲。クララの従兄として有名な「ミスターパパ」のキム・ソクウォンプロデューサーが制作を務め、詳細部分まで完成度を高めた。

一方、クララはこの日、映画「ワーキングガール」の制作報告会で「私は開放的な人で、そのような生活をしてきた。初の長編映画ということもあり、うまくやりたいという気持ちが一番大きかった。それで、チョ・ヨジョンさんやキム・テウさんとも会話をたくさん交わして、合わせられるよう努力した」と伝えた。また「クララの全てが出るような作品。絶対に失望はさせない。必ず劇場に来て、見てほしい」とアピールした。

映画「ワーキングガール」はある朝突然、会社から解雇を言い渡されたキャリアウーマンのボヒと廃業直前のアダルトショップCEOナンヒのどたばた劇を描いたコメディ映画。来年1月8日、韓国で公開。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング