≪ドラマNOW≫「傲慢と偏見」ペク・チニの弟はイ・テファンの代わりに死んでいた

Wow!Korea / 2014年12月10日 0時10分

ドラマ「傲慢と偏見」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

9日に放送されたMBCドラマ「傲慢と偏見」では、ハン・ヨルム(ペク・チニ)の死んだ弟ハンビョルが、ガンス(イ・テファン)の代わりに死んだという事実を知るヨルムの姿が描かれた。

ガンスは幼い時に失った記憶の一部を戻すために孤軍奮闘した。この過程で、大事なキーとなる人物が継続してガンスに当時の証拠物を提供するなど解決の糸口を与えた。

同時にヨルムはク・ドンチ(チェ・ジンヒョク)とハンビョル事件を暴いて証拠品を集め、ハンビョルが拉致された廃工場でハンビョルの靴を拾うという成果を出した。ガンスは自分が発見された場所の地図を手に置き、少しずつパズルを解いていった。

ガンスが発見された地図と靴でパズルが合わさった。失踪当時、黄色いジャンパーを着ていたガンスとハンビョルを間違えが拉致犯がガンスの代わりにハンビョルを殺したという事実が明らかになった。

これを知ったヨルムは涙を流し、ガンスも「だから僕の代わりにハンビョルが…」と嗚咽した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング