“君が代騒動”の韓国バラエティー番組、「民族の尊厳と誇りに傷」で警告

Wow!Korea / 2014年12月11日 22時18分

放送通信審議委員会が、「君が代騒動」を起こした外国人が討論するJTBCの人気バラエティー番組「国境のない青年会~非首脳会談」(以下、「非首脳会談」)に対する法的制裁を議決した。(提供:OSEN)

放送通信審議委員会が、「君が代騒動」を起こした外国人が討論するJTBCの人気バラエティー番組「国境のない青年会~非首脳会談」(以下、「非首脳会談」)に対する法的制裁を議決した。

放送通信審議委員会は11日、全体会議で「非首脳会談」に対する「日本の植民地支配に対する国民の歴史的意識と情緒を配慮せずに日本の国歌『君が代』をBGMに使用し、民族の尊厳性と誇りを傷付けた」とし、放送審議に関する規定第25条(倫理性)第3項違反で警告を決定した。

これについて放送通信審議委員会は「放送局が謝罪文を掲載、謝罪放送及び関係者に対する懲戒処分など多角的に努力した点に鑑みても、日韓の歴史問題が現存している状況で、日本の軍国主義の象徴となる音楽を使用したことは、国民が歴史認識と情緒を配慮せず、民族の尊厳性や誇りを傷付けたと判断した」と明らかにした。

「非首脳会談」は10月27日の放送で、日本人俳優の武田裕光が出演した際にBGMとして「君が代」を使用し、騒動となった。

韓国芸能ニュースのワウコリア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング