【速報レポ】ノ・ミヌが“エロテロリスト”ICONとしてライブ開催! 「JYJ」 ジェジュンから応援のメッセージも

Wow!Korea / 2014年12月22日 19時13分

俳優でアーティストのノ・ミヌが21日(日)、千葉・舞浜アンフィシアターにて、クリスマスライブ「Merry Christ Halloween」を昼夜2回にわたり、開催した。

デビュー10周年パーティー「感謝」を12月20日(土)、大盛況のうちに終えた俳優でアーティストのノ・ミヌが翌21日(日)、千葉・舞浜アンフィシアターにて、クリスマスライブ「Merry Christ Halloween」を昼夜2回にわたり、開催した。

ことしのクリスマスライブは、ドラマ「最高の結婚」の撮影でできなかったハロウィンをクリスマスとミックスして企画されたもの。ドレスコードは“クリスマス”と“ハロウィン”だったが、会場には昨年同様、サンタクロースのコスプレや、トナカイのカチューシャを着けるなど、クリスマス仕様に着飾った「患者(=ノ・ミヌのファンの愛称)」たちの姿が多く見受けられた。

昼公演から、熱気ムンムンの中、“エロテロリスト”ICONに変身し、黒のスーツに真っ赤なネクタイ、そして口元に血のりを付けたバンパイアメークのノ・ミヌが登場。ドラマ「神の贈り物-14日」の挿入歌で、亡くなった実の弟を懐かしむように作ったという「HEAVEN」で幕明けし、客席をじっくりと見渡した後、同じく同ドラマの挿入歌「SNAKE EYES」と、「CRAZY WORLD」のロックナンバーで一気に会場がスパークし、熱気が充満した。

「こんにちは。ICONです。昼からライブをやっちゃいました!アツい昼のライブを作りたいので、ノリノリに盛り上がってください!」とあいさつしたノ・ミヌ。

客席の患者たちから、口元に付けた血のりを「海苔が付いている」と指摘され、「血だよ!バンパイアになりきって出てきたのに、海苔って…。コメディーになっちゃった」とイジけ、「海苔のノ・ミヌでした」とユーモアの効いた返しをするなど、患者たちを楽しませながらコミュニケーションを取り、距離を縮めていく。

そして、その後もドラマのOSTや、カラオケでよく歌うという「TUBE」の「きっとどこかで」などを熱唱し、ギターパフォーマンスも披露。曲と曲の間に流れるVTRにも凝った演出が施され、着替えを生中継するという演出には、患者たちの黄色い歓声が一段と大きくなった。

クリスマスライブ開催を祝うビデオレターで、「JYJ」のジェジュンが登場し、「カッコいい、エロエロな姿を楽しみながら、(ICONの)音楽の世界にハマってください」とメッセージを寄せたが、セクシーで力強い、そして優しい歌声に患者たちは終始、魅了された。

ライブ終了後には、握手会も行われ、ファンにとっては最高のクリスマスプレゼントとなった。

詳しいライブレポートは後日掲載いたします。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング