【イベントレポ】「U-KISS」、限定30名のファンとスペシャルなイベント開催

Wow!Korea / 2014年12月25日 22時40分

「U-KISS」

日本のみならずアジア、ヨーロッパ全世界で愛されている韓国の人気アイドルグループ「U-KISS」が、12月20日(土)新大久保カラオケアドアーズにて完全シークレットなスペシャルイベントを開催。

「U-KISS」は、今月17日に発売された日本10枚目のシングル「Sweetie」で、オリコンデイリーチャート2位に輝き、その高い人気を証明したばかり。

そんな彼らとカラオケアドアーズでは、新大久保店オープン記念として、10月16日から「U-KISS」とのコラボイベントを開催中で、フロアジャック、メンバーの衣装展示やノベルティ付きドリンク提供が行われ、多くのファンが来場中。その中でも特に目玉として「U-KISS」ルームを利用の際に、ドリンク注文時に配布される抽選券で見事当選した限定30名の超ラッキーなファンとの完全シークレットなスペシャルイベントが開催された。

メンバーと30名のファンだけの、今にも手の届きそうな小さな会場に、MCの呼びかけで「U-KISS」が来場すると、会場からは悲鳴のような大歓声が響き渡った。メンバーそれぞれあいさつし、スペシャルイベントがスタート。まずはトークコーナから。

「U-KISS」ルームについて聞かれると、「本当にうれしい」とフンがメンバーの気持ちを代弁した。スヒョンも、「まだ『U-KISS』ルームは行ったことがないんだけど、ファンのみなさんがSNSで写真を送って教えてくれました」と続けた。同日昼に行われた10枚目のシングル「Sweetie」のリリースイベントの感想については、スヒョンが「寒かったんですがたくさんのファンが来てくれて幸せな一日でした。本当は2曲を歌う予定でしたが、僕が勝手に2曲を追加しました」と話し、会場の中にも足を運んでくれたファンがたくさんいることを踏まえて、改めて感謝を伝えた。

続いてはゲームコーナへ。「ロシアンたこ焼き」からスタート。1つだけデスソース入りというたこ焼きを、せ~の!でメンバーが一気に口に入れるが、全員が「大丈夫。僕じゃない、辛くないよ」と余裕を見せ、味わいながら食べている姿に会場は爆笑。予想外の展開にMCが口の匂いを嗅いで判定する事態に。結果ジュンが選ばれるが、当の本人は「辛くないです。」とあくまでも認めないマンネジュン。実際は?と突っ込まれると「少し…」と悔しそうに答えた。

ジュンを抜いた5人での2回戦目。今度はじゃんけんで順番を決めてたこ焼きを選び、せ~の!で口に入れる。またまた「全然辛くない」と味わうメンバー。MCが再び判定し、ケビンが選ばれる。が、当の本人は「全然大丈夫です!」とあっけらかんとしている。辛さに強すぎるU-KISS達を横目にデスソースをスタッフが加え直すというまさかの展開で、ファンの笑いを誘った。そんなメンバー達にズバリ1番辛さに強いのは誰?と聞くと、「フン!ココイチ(カレー)では10辛!」と暴露され、ファンから驚きの声が上がった。改めてジュン、ケビンを除いた4人で3回戦目。今度は多すぎてデスソースがたこ焼きから見えてしまっている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング