≪ドラマNOW≫「パンチ」キム・レウォンとキム・アジュン、再び逆境に

Wow!Korea / 2015年1月6日 23時46分

ドラマ「パンチ」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

6日に放送されたSBSドラマ「パンチ」7話では、イ・テジュン(チョ・ジェヒョン)とキム会長(チョン・ドンファン)のつながりを見つけ、捜査に出たシン・ハギョン(キム・アジュン)の姿が描かれた。ハギョンは前夫のパク・ジョンファン(キム・レウォン)を逮捕するのにも自ら行い、固い決意を見せた。

取調室で顔を合わせた二人は、2時間ずっと静かだった。ハギョンは「ジョンファンさん、イ・テジュンとキム会長の法廷に一緒に立つはず」と言った。そして「私は一人ではない。ユン・ジスク(チェ・ミョンギル)がどんな人なのか知らない?」とジョンファンが口を割るよう淡々と提案した。

悩んだジョンファンは「長官ならこの程度の約束はしてくれるだろう」と言い、ジスクとの通話を望んだ。続けて「キム・サンミン、イ・テジュンのつながりを陳述する。証拠隠滅や逃避はない。身柄不拘束をしてくれ」と条件を述べた。

ジョンファンは「ユン・ジスク長官が、お前が考えているような人であることを願う」と言い、ハギョンの手を静かに取った。緊急逮捕され、共に法廷に立つことになったが、二人の目的は同じだった。

しかし事は簡単に進まなかった。ジスクが急にハギョンを捜査からはずしたのだ。ジョンファンとハギョンの壁はさらに高くなりそうだ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング