≪ドラマNOW≫「ヒーラー」パク・ミニョン、チ・チャンウクとの過去に衝撃

Wow!Korea / 2015年1月28日 5時58分

ドラマ「ヒーラー」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

27日に放送されたKBSドラマ「ヒーラー」16話では、キム・ムノ(ユ・ジテ)を通じて自分の母親がチェ・ミョンヒ(ト・ジウォン)だという事実を知ったチェ・ヨンシン(パク・ミニョン)の姿が描かれた。

ヨンシンはムノに「私の小さい時の記憶は高速道路まで」と言い、実の両親がなぜ自分を捨てたのか、なぜ自分を捜しに来ないのか、ジョンフはこの事実を知っているのかと立て続けに質問した。ヨンシンは「私が知っているふりさえしなければいいのに。私の味方ではないのに、ソ・ジョンフ」と寂しそうに言った。

ヨンシンは衝撃を受けていると、ムノが出した家族関係証明書で、自分の父親がオ・ギルハンであることを知り「ソ・ジュンソクが友人のオ・ギルハンを殺害した」というキム・ムンシク(パク・サンウォン)の発言が思い浮かび、衝撃にとらわれた。

戸惑うヨンシンは、自分を心配して駆けつけたソ・ジョンフ(チ・チャンウク)の抱擁を避けた。察したジョンフは「なぜ僕を見ない?」と言い、ジョンフの父親がヨンシンの父親を殺したという話をした。ヨンシンは私たちと関係のないことだと言ったが、ジョンフと目を合わせなかった。

ジョンフは「関係ないのにどうして僕を見ず、僕を避けるんだ?僕の父さんは殺人者ではなく容疑者だって。違うかもしれないんだ」と言って、父親の無罪の証拠を見つけると約束し、ヨンシンは「絶対に見つけて。見つけられなくても来て。私も探してみる」と言ってジョンフを応援した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング