【個別インタビュー前編】「U-KISS」、新曲「Action」の“かわいい”ダンスはケビンとジュンに注目!?

Wow!Korea / 2015年3月23日 19時1分

グループ「U-KISS」

ことし1月に韓国10thミニアルバム「ALWAYS」をリリースし、リード曲「Playground」の“ハンカチダンス”が話題になるなど、一段と成長した姿を見せた韓国での活動を締めくくり、休む間もなく日本での活動に入った「U-KISS」。

2月11日に行われたバレンタインパーティー「U-KISS Valentine Party 2015」で、一部先行公開された日本4thアルバム「Action」が、いよいよ3月18日にリリース!

ジュンが加入してから初のアルバムとなる今作は、9枚目のシングル「LOVE ON U」、オリコンチャート2位となった10枚目の最新シングル「Sweetie」はもちろん、武道館ライブで無償配布したユニット曲「One Call Away」「Head Up High」の2曲も初収録。さらに、スヒョンのソロナンバー「もう一度」や、「NANTA」2015日本公演の公式応援ソング「If…」など全12曲が収録され、それぞれ異なる魅力を多角的に味わえる仕上がりとなっている。

新譜発売を前に、「U-KISS」のメンバー、スヒョン、ケビン、フン、キソプ、ジュンの5人(中国ドラマ撮影のため、イライは欠席)がインタビューに応じ、ニューアルバム「Action」に込めた想いなどをたっぷり語ってくれた。

今回は新メンバー、ジュンの隣に、グループで一番日本語が上手なフンが座り、「聞き取りはできるんですけど、話すのが難しい」というジュンをフンがフォロー。高所恐怖症だというキソプが、窓から離れたところに座り、真ん中に座ったケビンは天使のような笑顔で、リーダーのスヒョンは持ち前の明るさで、時には冗談も飛ばしながら、終始笑いの絶えない和やかなインタビューとなった。

―韓国でニューアルバム「ALWAYS」を引っさげた活動を大好評のうちに終えたばかりですが、まず韓国での活動を振り返ってみて、いかがでしたか?

スヒョン:韓国のファンの皆さんも「U-KISS」のことを待っていて、たくさん応援してくれたんですが、今回はサイン会とか、生放送の音楽番組にも日本のファンの皆さんがたくさん来て、すごく応援してくれたので、楽しい活動でしたね。

ケビン:リード曲「Playground」は、以前の曲に比べて、大人っぽい雰囲気だったので、そういう姿をファンの皆さんに見せられて、本当にうれしかったし、ミディアムテンポの切ない曲で活動するのも楽しかったです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング