<インタビュー>「SHINee」キー、「ミンホとは違った魅力を」

Wow!Korea / 2015年4月12日 0時35分

「SHINee」キー(提供:OSEN)

人気グループ「SHINee」メンバーのキーが、音楽番組のMCに抜擢されたことについて「レギュラーMCになれたというのが一番うれしい」と述べた。

ケーブルチャンネルMnetの音楽番組「M! COUNT DOWN」の放送前にキー(SHINee)に会い、レギュラーMCとして初放送を迎える感想などを聞いた。

キーはこの日から「CNBLUE」のイ・ジョンシンと共に「M! COUNT DOWN」のMCを務め、番組を進行していくことになった。「SHINee」メンバーのミンホもMBCの音楽番組「ショー!音楽中心」でMCとして活躍しているが、MCとしてのキーにも大きな期待が寄せられている。

キーは「スペシャルとしてやってみて、レギュラーMCになれたというのが一番うれしいです。デビュー8年目を迎えるグループとして『SHINee』が“ただの先輩”というのではなく、この時期で音楽番組に毎週出て、先輩や後輩のいい点を見習うことができるのもいいですね」と語った。

続けて「業界従事者としていい知らせを伝えられるというのもいいですね。MCとして先輩として知っていて話すことと、知らないで話すこととは違うので」とし、「今回のチャンスをいろいろ考えて自分のことよりも、見ている人が本当に気楽に見られるものにして、音楽番組の中心は歌手だけど、僕が中間に入っていろいろな役割をすることができそうです」と説明した。

またキーはミンホからアドバイスを受けたのかという質問に対し「ミンホさんがやっている音楽番組よりは、もっとライトなものが僕には合いそうです。自由な感じがあるので、これまでの僕のままやっていけば、合いそうだというくらいです」と明かした。

MC抜擢の理由については「スペシャルMCをした時の姿を評価してくださったようです。リーディングまでは順調でした。初めてする感じではないので、緊張するというより『番組に合う人だったかな?』と思ったりします」と明かした。

この日のキーのレギュラーMCデビューを祝い、「SHINee」は久しぶりに「Love like Oxygen(酸素のような君)」を披露した。「この曲自体も久しぶりだったのですが、番組も久しぶりなので、ファンが喜んでいました。昨日、練習をしたのですが、思っていたより結構覚えていました」とし、「この番組で初めて1位を取った曲なので忘れることはできないようです」と感想を述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング