金第1書記暗殺映画「ザ・インタビュー」、歌手ユン・ミレの曲を無断使用…協議へ

Wow!Korea / 2015年5月13日 14時39分

米国ハリウッド映画「ザ・インタビュー(THE INTERVIEW)」の制作会社ソニー・ピクチャーズが、韓国女性歌手ユン・ミレの楽曲を無断で使用したことを認めた。(提供:OSEN)

米国ハリウッド映画「ザ・インタビュー(THE INTERVIEW)」の制作会社ソニー・ピクチャーズが、韓国女性歌手ユン・ミレの楽曲を無断で使用したことを認めた。

ユン・ミレの所属事務所フィールグッドミュージックの関係者は13日午後、「ソニー・ピクチャーズと協議したことは事実」としたものの、詳細については多くを語らなかった。

映画「ザ・インタビュー」は昨年、北米での公開当時、ユン・ミレとタイガーJKの楽曲「Pay Day」を無断で挿入した事実が明るみとなり、問題視されていた。同映画は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺をテーマにした作品で、「Pay Day」は劇中、人物たちが”喜び組”と娯楽の時間を過ごすシーンで使われていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング