日本で3rdシングル発表「AOA」オフィシャルインタビュー「胸キュンダンス、一緒に踊ってください」

Wow!Korea / 2015年7月31日 10時40分

へジョン:すごくたくさんの方が私たちに会いに来てくれるじゃないですか。その中で、私だけをみつめて、ハート型の目で「へジョン」って呼んでくれる方がいたとき!

チョア:私も同じ!ステージの上から、みなさんの顔がよく見える瞬間があるんですけど、たくさんの方が応援してくれる中で、私だけをじっと見つめてくれている方がいるんです。言葉に表さなくても、真実の心って伝わるんですよね……。その想いにすごく感動して、涙が出そうになりました。

ソリョン:私も同感です。見つめられるとキュンとしますよね。

チャンミ:「チャンミに会いに来たよ!」って言われるとキュンとします。

ミナ:あ~、わかる!「ミナがいるからAOAに会いに来たよ」とか、「ミナがいるからAOAのファンになったよ」って言われるのもうれしいです。胸キュン!

ジミン:私はリーダーだから「リーダーらしい」って言われるのもうれしいけど、「ジミンを信じている」って言われるとキュンとします。私のことを考えてくれているんだ、何があっても私のことを信じてくれるんだって思うと感動しちゃう。

ユナ:「ユナの声を聴くと力が出る」って言われると、その言葉に胸キュンして、私の方が力をもらえます。そう言ってもらえるからこそ、歌手を続けていられるんじゃないかな?

-カップリングの「ゆれる」は、韓国4thシングル「RED MOTION」のタイトル曲の日本語ver.ですよね。

チョア:はい。好きな男性がいるのに、他の人に心が揺らいでしまうって内容です。日本語の仕上がりもすごくイイ感じ!多くの人に聴いてほしいと思っています。

-韓国では、この「ゆれる」で初めてセクシー・コンセプトに挑戦。今ではセクシーは「AOA」の武器になりましたが、当時、大きな方向展開に戸惑いはありませんでしたか。

チャンミ:最初は、「今回はセクシー・コンセプトでいってみようか」って軽い感じだったんです。私たちの方向性を決める曲になるとは思いませんでした(笑)。最初はセクシーの何たるかがわからなくて、研究もしたし、悩みもしたし……。セクシーさとは何かをたくさん学びました。そういう意味でもすごく記憶に残っている曲です。

チョア:この歌が特に注目されたのは、単にセクシーというだけじゃなくて、そこに神秘性とかファンタジーとか、特別なロマンを感じるからだと思います。そこがAOAらしいんじゃないかな?ロマンチックなセクシーさを私たちが表現するために、私たちもすごく研究したんですよ。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング