<オフィシャルインタビュー>「VIXX」、2ndシングル「Can't say」

Wow!Korea / 2015年8月31日 19時2分

「VIXX」2ndシングル「Can't say」通常盤ジャケット

―新曲「Can't say」は、「VIXX」初の完全日本オリジナル楽曲ですが、みなさんは、どんな印象を持ちましたか。

ラビ:メロディを聴いただけだと楽しい感じがするけど、歌詞はちょっと切なくて、グッとくるんですよ。今までの「VIXX」の曲とは、イメージが違う感じがしますよね。僕たちを知っている方には、この曲でまた、新しい姿を見せられると思うし、僕たちを知らない方がコンセプチュアルな曲からこの曲までを聴いたら「多面的で面白いグループだな」って思っていただけるんじゃないかな。

―「VIXX」はこれまでヴァンパイアやサイボーグなど、様々なコンセプトに挑戦してきましたが、今回はビジュアルも楽曲もすごく"人間"らしいですね。

ホンビン:アハハ(笑)。はい、人間になりました。

―ラビさんが「切ない」と言っていた歌詞では、友だち以上、恋人未満の関係の彼女に告白できない男の子が主人公になっています。もし、自分が彼と同じ立場に陥ったらどうしますか。

ラビ:僕は、告白しますよ。男だから!

ホンビン:難しいですね……。本当に好きな人ができたら、この主人公みたいになっちゃうかもしれない。横で見守ってるだけでも、一緒にいられればいいかな。

エン:今までの僕だったら、この主人公と同じだと思うけど、今はどうかな?その状況になってみたいとわからないです。

ケン:真心を込めて告白します。「好きだ!」って、ストレートに。実は、中学生のときに同じような経験をしたことがあって。でも子供だったから、「Can't say」ほどシリアスじゃなかったけど。

レオ:僕は、後悔するようなことはしないな……。

ヒョギ:僕も、告白する派。彼女の状況や、タイミングを考慮しながら告白すると思います。

―韓国の作家さんの作品ですが、J-POPテイストの曲ですよね。聴きどころは?

エン:歌だけじゃなくて、パフォーマンスを一緒に見てもらえると、この曲をより理解できるし、楽しめると思います。「Can't say」は曲のテイストだけじゃなくて、パフォーマンスでも新しい挑戦をしています。「VIXX」っていうと、ミュージカルのような派手なステージが思い浮かぶと思うんですけど、この曲は、シンプルなんだけど飽きさせない感じっていうか……。それって、スタンドマイクを使ってるからじゃないかな?

―野外ロケのMVも、新しい挑戦ですね。

エン:そうなんです!撮影した日は、今年の最高気温を更新したカンカン照りの日で。しかも、昼の一番暑い時間帯にジャケットを着こんで、全員の群舞のシーンを撮影したんです。暑くて辛かったなぁ……。でも、陽射しがキラキラして、すごくキレイに撮れていると思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング