【イベントレポ】「MYNAME」、日本デビュー3周年イベントでオリコン1位の公約“女装”も披露

Wow!Korea / 2015年9月3日 19時49分

グループ「MYNAME」

7月25日に日本デビュー3周年を迎えた「MYNAME」。ことし3月10日リリースの3rdアルバム「I.M.G.~without you~」、7月28日にリリースした4thシングル「HELLO AGAIN」は立て続けにオリコンデイリー1位を記録。3年間の地道な日本活動の成果が、ことしの好成績につながっている「MYNAME」が、最高で最後の夏をファンと一緒に過ごすイベントとして、8月22日(土)大阪Zepp Namba、8月27日(木)東京Zepp DiverCityにて、「MYNAME×SUMMER」計4回公演を開催した。

今公演は、夏のイベントということで、ドレスコードが“夏のコーデ”だったため、会場には浴衣、水着、祭りのハッピ、アロハシャツなどに身を包んだファンが集結した。大阪、東京共に、1部は、「3年目の夏祭り」と題し、夏の雰囲気を楽しむ企画に、2部は、「夜の音楽会」と題し、3年間の思い出の詰まった楽曲の数々をトークと共に披露した。

会場が暗くなると、メンバーの姿は、見えないが、インスの「東京おはよう!」という声が聞こえ、「Day off」の一節「Oh yeah beautiful one day~」のアカペラが始まり、会場の雰囲気をアップ!コヌがステージに、他のメンバーは一階の客席ドアから登場し、会場を練り歩いたり、椅子に立ったりと、会場を盛り上げながら、ステージへ移動したため、会場には、黄色い歓声が響き渡った。

アロハや短パンの夏らしい装いで登場したメンバーたちは、激しいダンス曲「Adrenaline」を次に披露。足に怪我をしているコヌは、残念ながら、ステージに用意された椅子に座り、歌だけで参加した。

二曲が終わり、お笑い芸人ジャングルポケットの太田博久がMCとして登場し、「危機一髪ちび「MYNAME」の自由研究を助けて」コーナーが、始まった。メンバーは、選ばれた「MYgirl」(=「MYNAME」のファン)と共同作業で、1.粘土で人形を作る、2.夏のうちわを作ることに。

大阪では、ジュンQが総合1位で、最下位は、インスだったらしく、インスは、「今日は、絶対がんばります!」と、やる気満々!

まず粘土で作ったのは、キリンの親子。インス組は、キリン一体しか作れず、ジュンQ組は、子供のキリンの足が作れなかったようで、胴体に布巾をかけ足が見えないように工夫し、コヌ組はキリンの親子と葉っぱのようなエサも一緒に作成。チェジン組のキリンは、5組の中では、一番上手く、ファン投票でも、一番人気だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング