【会見レポ】「HISTORY」、スペシャルライブのアンコール公演も決定! 日本デビュー記念記者会見開催

Wow!Korea / 2015年9月3日 22時4分

「HISTORY」左からドギュン、ジェホ、ギョンイル、イジョン、シヒョン

韓国5人組アイドルグループの「HISTORY」が8月26日(水)にタワーレコード渋谷店にて日本デビューを記念し、多くのファンと共に特別記者会見を行った。

「HISTORY」は2013年4月26日にシングル「Dreamer」で韓国デビュー。個性的な曲やパフォーマンスで注目を浴びており、今回「消えてしまった My Love」で待望の日本デビューを迎えることになった。

まず、リーダーのギョンイルが「記者の皆さん、僕たちのためにお越しいただいてありがとうございます。」と日本語で礼儀正しくあいさつをして会見がスタート。

質問の前にMCからタワーレコード全店シングルチャート2位、そしてタワーレコード渋谷店では1位になったことが伝えられ、ファンの大歓声に包まれた。また、8月30日に行われるデビュースペシャルライブのチケットが完売。そして10月3日にはアンコール公演が決定したという発表もあり、メンバーたちも感謝と喜びの表情を見せた。

―改めて、日本でデビューするお気持ちはどうですか?

ギョンイル:すごく緊張して、ドキドキしています。

シヒョン:信じられません。

―何度も日本に来ていると思いますが、日本の印象はいかがですか?

ギョンイル:ファンの皆さんが本当に優しいです。

―ミュージックビデオを撮影する中で、大変だったエピソードはありますか?

ドギュン:撮影の時、腰を痛めてしまって大変でした。今は大丈夫です。

(今回のダンスの中で、難易度の高い“バンジージャンプダンス”の話題が。たくさん練習をしてメンバー全員がマスターしたとのこと。)

ギョンイル:やっぱりバンジージャンプダンスがすごく難しかったです。

(ここでメンバーの推薦で、一番得意だというシヒョンが見事なバンジージャンプダンスを披露しファンも大興奮の様子)

―楽しかったエピソードや、面白かったエピソードはありますか?

ギョンイル:実は今回のミュージックビデオの撮影は、韓国語バージョンと日本語バージョンを同時に撮影しました。歌うシーンを撮る際に日本語バージョンなのに口が韓国語で動いてしまい、そのたびにNGが出てしまうことがありました。

―誰が一番NGを出しましたか?

ギョンイル:ジェホさんです(笑)

―NGのたびにピリピリした雰囲気になったりしませんでしたか?

ドギュン:しませんでした。とても面白かったので(笑)

―メンバーの仲がいいですね。

ドギュン:はい。メンバーは家族です。ギョンイルさんはパパ、僕がママ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング