【公式】JYP、制服広告の扇情性に共感…全面撤去に合意

Wow!Korea / 2015年10月14日 21時33分

歌手で所属事務所代表兼プロデューサーのパク・チニョンと新人ガールズグループ「TWICE」の制服広告に意図もせず扇情性騒動が起こり、JYPエンタテインメントが撤去を決定した。(提供:OSEN)

歌手で所属事務所代表兼プロデューサーのパク・チニョンと新人ガールズグループ「TWICE」の制服広告に意図もせず扇情性騒動が起こり、JYPエンタテインメントが撤去を決定した。

JYPは14日、「弊社は、所属アーティストが含まれた制服の広告に関する憂慮の声に共感し、広告主との議論の末、この指摘を反映して、広告の全面撤去及び既存広告の全面撤去に合意した」と伝えた。

続けて「今後、弊社所属アーティストの広告について、より徹底した確認を経て再発しないよう最善を尽くすことを約束する」と強調した。

最近、オンラインで掲載された「JYPパク・チニョンさんの制服広告に対する社会的牽制を要請します」というタイトルの文章が問題になった。著者は女子学生をターゲットにした扇情的な制服マーケティングが問題だと指摘した。

公開された広告ポスターには「スカートで削れ!シェーディングスカート」、「ジャケットで絞れ!コルセットジャケット」というキャッチコピーと、サングラスを掛けて笑みを浮かべるパク・チヨンの写真があった。

これについて著者は「制服のスカートをなぜ短くタイトにはかなければならないのですか?制服のジャケットをなぜ絞って着なければならないのですか?」と問題点を提起した。

一方、ガールズグループ「TWICE」は、今月20日にデビューアルバムを発表して正式に活動を始める。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング