ジュンス(JYJ)「Cheetahのファンなのでフィーチャリングを頼んだ」

Wow!Korea / 2015年10月15日 14時48分

韓国男性グループ「JYJ」ジュンスが新曲「Midnight show」フィーチャリングを務めたCheetahのファンだと告白した。(提供:OSEN)

韓国男性グループ「JYJ」ジュンスが新曲「Midnight show」フィーチャリングを務めたCheetahのファンだと告白した。

ジュンス(JYJ)は15日午後、ソウル・龍山区(ヨンサング)漢南洞(ハンナムドン)「現代カードミュージックライブラリー」にて新曲発売記念聴音会を開き「3番目のトラック『Midnight show』にはCheetahがラップフィーチャリングを担当した」と述べた。

続けて彼は「僕が『UNPRETTY RAPSTAR』の大ファンなのでシーズン1優勝者であるCheetahのファンになった。フィーチャリングを頼んだら快く応じてくださった。中間のラップだけじゃなく歌全体の合間にCheetahの声が出てくるが、魅力的だった。Cheetahのおかげで秋に気分良く聴くことができる歌が完成した」と力を込めて話した。

ジュンスのニューアルバム「必ず昨日」には同名タイトル曲をはじめ「OeO」、「Midnight show」、「ウサギとカメ」、「シルクロード」などの新曲が収録されている。「TARANTALLEGRA」や「INCREDIBLE」、「FLOWER」など既存の発表曲のアコースティックバージョンも聴くことができる。

タイトル曲「必ず昨日」は歌手Luciaが作詞・作曲して誕生した。もの悲しい雰囲気のメロディーにジュンスの訴える力の濃いボーカルが加えられた。ソロアルバムの中で初めてバラードをタイトル曲として掲げた。

ジュンスのニューアルバム「必ず昨日」は来る19日に発売される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング