≪テレビNOW≫「SUPER STAR K 7」ソン・シギョン、チ・ヨンフンのステージに興奮

Wow!Korea / 2015年10月16日 0時1分

オーディション番組「SUPER STAR K 7」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

15日に放送されたMnetの新人発掘オーディション番組「SUPER STAR K 7」では、キム・ミンソ、マーティンスミス、スティービーワナー、イ・ヨハン、ジャミル・キム、ジュンシク、ケビン・オー、クララ・ホン、チ・ヨンフン、チョン・ダンビの10組が選抜され、初めての生放送で戦いを繰り広げた。

この日最初のミッションは「時代のアイコン」だった。トップ10は音楽で時代のアイコンになるアーティストの発売年度を無作為に選択した後、自分だけのスタイルで再解釈しなければならないというミッション。

“珍獣ボーカル”チ・ヨンフンは、ドランクンタイガーの「審議にかからない愛の歌」を披露。チ・ヨンフンは「ステージや音楽的にビリビリくるようなものが出てくるのではないか」と自信を見せ、ハスキーボイスで素晴らしいステージを見せた。

審査員を務める歌手のソン・シギョンは「カリスマ性があって、入り込んでいる姿が良かった。我々に聞かせてくれることも大事だが、入り込むのが大事だし、途中で鳥肌が立つ所があった」とし、「かっこいいパフォーマンスだった」とほめ、81点をつけた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング