【イベントレポ】「SHINee」、日本最大級のファッション&音楽イベントで華やかにトリを飾る

Wow!Korea / 2015年10月26日 19時58分

大盛り上がりの中、イベントのトリを飾ったのは「SHINee」。会場はいつの間にか緑色のペンライトで埋め尽くされ、スクリーンに「SHINee」の文字が出た瞬間、場内はこの日一番の大歓声に包まれた。続いて「SHINee」の紹介映像が流れ、会場のボルテージが最高潮に達したところで「Are you ready?」という呼びかけと共に「SHINee」がステージに。黒のレザージャケット、カーキのジャンパーなど秋らしいスタイルで登場した「SHINee」は、1曲目の「Sherlock」から熱いパフォーマンスで会場を熱狂させた。

メンバー一人ひとりが歌い始める度に会場からは大きな声援が送られ、ダイナミックなダンスにスタートから観客を魅了。そのまま2曲目の「LUCIFER」へ続くと、大きな掛け声で会場が一体となり、歌い終えた後メンバーたちは「すごいですね」と笑顔を見せた。

ミンホは「代々木では何回もライブを行なっていて思い出の場所ですが、今回は何だか違う場所みたいですね」と話すとジョンヒョンも「キレイなモデルの方がおしゃれなファッションショーをしたり、いろいろなアーティストの方が素敵なステージを披露したり、すごい人気ですね」と続けた。オンユが「最後ですけど皆さん疲れてないですか?」と呼びかけると、観客は全く疲れた様子もなく大きな歓声を送った。そしてキーは「僕は個人的におしゃれに興味があるので、今日このイベントに参加することを楽しみにしていたんです。でも残念ですがもう終わりに近いですね」と話すと、会場からは「え~」という名残を惜しむ声が。それに対してすぐにテミンが「残念だと思う暇がない位まだステージが残っていますから、最後の最後まで皆さん一緒に行きましょう」と笑顔で呼びかけた。

3曲目はバラードの「keeping love again」披露。メンバー同士が目を合わせ、息を合わせながら歌い上げ、ミンホが手を横に振ると、会場の緑色のペンライトも一斉に横に振られ、幻想的な雰囲気を演出し、「SHINee」の歌唱力の高さを見せつけた。次の「Boys Meet U」では出だしのキュートな振り付けに黄色い歓声が起こり、サビでランウェイを走り中央のステージへ。メンバー同士が肩を組み明るく歌う様子に会場のファンも笑顔になった。5曲目の「Ring Ding Dong」では、中央のステージギリギリのところでメンバーが踊り、より近い距離でのパフォーマンスにファンも大喜び。そして再びメインステージに戻ると、ソロダンスタイムがスタート。

青い照明に照らされたステージで、メンバーが一人ずつスポットライトを浴びながらキレのあるダンスを披露。ラストのテミンの長いソロダンスには会場中が視線を集中させた。ラストは「View」で、音楽がかかったとたん会場には大歓声が響き、サビの部分ではファンも一緒に大合唱し、最後は「SHINee!」というファンの息の合った大きな掛け声で終了した。

メンバーは「ありがとうございました!」とランウェイを歩きながらファンに手を振ったり丁寧にお辞儀をしたりしてステージを後にした。改めて「SHINee」の日本での高い人気を証明するような時間だった。

最後は出演モデルが全員ステージに登場し、また来年の春夏コレクションで会うことを約束し、大盛況で締めくくった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング