映画「仁川上陸作戦」出演の俳優リーアム・ニーソン、「朝鮮戦争、忘れてはいけない」

Wow!Korea / 2015年10月30日 17時48分

俳優リーアム・ニーソン(63)が映画「仁川上陸作戦」制作発表会で公開されたメッセージ動画で「朝鮮戦争、忘れてはいけない」と呼びかけた。

俳優リーアム・ニーソン(63)が映画「仁川上陸作戦」制作発表会で公開されたメッセージ動画で「朝鮮戦争は、絶対に忘れてはいけない」と呼びかけた。

リーアム・ニーソンは30日、ソウル市内にあるソウル・ウェスティン朝鮮ホテルで開かれた映画「仁川上陸作戦」制作発表会で公開されたメッセージ動画で、このように明かした。

この日、リーアム・ニーソンは「映画に参加することができて光栄だった。朝鮮戦争の実話を基にした作品だ。朝鮮戦争は、残酷な戦争だった。韓国歴史において、苦痛を残すこととなった。21か国の犠牲者たちを絶対に忘れてはいけない。彼らの犠牲を忘れないために制作された映画だ。彼らの犠牲を忘れないよう、努力していかなければいけない」と語った。

映画「仁川上陸作戦」は、朝鮮戦争の情勢を逆転させる”仁川上陸作戦”を成功させた特殊部隊員らのし烈な死闘と犠牲を描いた作品。俳優イ・ジョンジェ、イ・ボムスなど韓国を代表する映画俳優が参加したのはもちろん、リーアム・ニーソンが国際連合軍の最高司令官マッカーサー将軍役でキャスティングされ、制作前から話題を呼んでいた。

一方、「仁川上陸作戦」は2016年に公開される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング