SMエンタ、第3四半期までの累計売上高が2360億ウォン(250億円)「過去最高額」

Wow!Korea / 2015年11月9日 17時1分

韓国の大手芸能事務所SMエンタテインメントが2015年度の連結基準で、第3四半期までの累計売上高が過去最高の実績を達成した。(提供:news1)

韓国の大手芸能事務所SMエンタテインメントが2015年度の連結基準で、第3四半期までの累計売上高が過去最高の実績を達成した。

SMエンタは9日、公示と通して、累計売上高が過去最高である2,360億ウォン(250億円)、累積営業利益は343億ウォン(36億円)を記録したことを明かした。売上額は前年対比13.6%成長し、営業利益も前年対比41.2%増加した。分期累積別も売上額は前年対比22.4%成長した1490億ウォン、営業利益は前年対比42.3%成長した239億ウォンを記録した。特に営業利益の側面で、第3四半期累積連結営業利益が2014年全体の連結営業利益に肉迫する実績を達成した点が注目される。

「東方神起」、「SUPER JUNIOR」、「少女時代」、「SHINee」、「f(x)」、「EXO」、「Red Velvet」などさまざまなアーティストのグローバル活動強化に後押しされ、海外売り上げが前年対比42.4%も増加する成長を記録し、アルバムや音源およびコンサートの売り上げなど多様な部分での選んだ成長に起因している。

SMエンタ側は「すでに今年度第3四半期までに、2014年度の全体営業実績に肉迫する営業利益をおさめたSMエンタテインメントグループは、中国と日本を始めとした持続的な海外売り上げ増加傾向に力づけられ、粘り強い実績上昇が続くと期待される」と説明した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング