<インタビューその1>チャン・グンソク「国威発揚という気持ち、初心を忘れないようにします」

Wow!Korea / 2016年1月9日 11時15分

チャン・グンソク(提供:OSEN)

本当にアジアのプリンスが戻ってきた。ことし、数え年で30歳となるチャン・グンソクは深みが増し、正直な姿を見せた。長いと思えば長く、短いと思えば短い、2年という空白にもさび付くことなく、むしろ一層キラキラと輝く才能を発揮しながらファンのそばに一歩近づくことを予告した。

“アジアのプリンス”という別名のとおり、チャン・グンソクと言えば海外での活動を抜いて語ることはできない。2013年に放送されたKBSドラマ「キレイな男」以降、韓国国内ではあまり活動の様子が見られなかったが、中国や日本を行き来しながら忙しい日々を過ごしていた。そして本格的な復帰を控えている今、ファンはもちろんチャン・グンソク本人も珍しくウキウキしている様子だった。

―復帰に向けて始動しているようですが、感想はいかがですか?

楽しいですよ。これまで外国でものすごく寂しい生活をしていたとすれば、自分の国では僕の友人や同僚が一緒に力を合わせたり、時にはぶつかったりしながらできるという機会があるということ自体が大事に思います。みんな、ホームシックにかかる理由があるのではないでしょうか?祖国に対するなつかしさ…僕が1年半ほど海外に出ていたじゃないですか。韓国に戻ってきた時は祖国の温かさ、そういった情を感じることができるのでうれしいです。もちろん外国にも友人がたくさんいますが、僕が守らなければならない家族や事務所の人たち、幼馴染みはみんな韓国にいますから。祖国が恋しく、人が一番恋しく思います。しかし国威発揚という気持ちでいつも初心を忘れないようにしています。

―2年間、どのように過ごしていましたか?

海外での活動、主に日本でのツアーや中国での公演をしていました。俳優はドラマを一度撮影すると、韓国で作ったドラマを持って海外で初めからまたスタートします。マーケティングから公演まで。最後までしっかり整理しなければならないので。僕の性格が特にそうなんです。輸出したからといって「入金があったからおしまい」では、僕自身がとても恥ずかしいんです。僕が携わった作品なので、最後まで責任を取ろうと思っています。広報活動が終わればセールスがあり、それが終わればチャン・グンソク個人の全国ツアーに入ります。だから韓国にいる時間がありませんでした。その中で大学も一生懸命に通って、修士・博士もとりました。

―神秘主義のイメージが強いですが、最近はより身近に大衆と疎通していますね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング