≪ドラマNOW≫「テバク」チェ・ミンス倒れ、チャン・グンソク&チョン・グァンリョルの運命は?

Wow!Korea / 2016年5月23日 23時34分

ドラマ「テバク」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

23日に放送されたSBSドラマ「テバク」では、マングム(イ・ムンシク)が生きていることを知るテギル(チャン・グンソク)の姿が描かれた。

テギルはインジャ(チョン・グァンリョル)の話を聞いてマングムの墓を掘り返し、空になっているのを見て大泣きした。過去にインジャは、矢に刺さって死んだと思っていたマングムがやっとのことで息をしているのを見つけて助け、マングムを自分だけが知るところに隠していたのだった。

テギルはマングムを治療していた恵民署を訪れ、マングムがどこかで生きていることを確認。インジャの所に行った。インジャは志を共にすれば、マングムの居場所を教えると言った。テギルは悩んだ末、インジャを助けてマングムの所に行く決心をした。

粛宗(チェ・ミンス)は、ヨニン君(ヨ・ジング)に軍事権を与え、インジャを処断するように言った。ヨニン君は戒厳令を発付し、四つの門の出入りを規制した。ヨニン君はテギルの所へ行き、インジャを殺すつもりだと明かし、テギルに手を出さないよう警告した。

翌日、インジャの刑の執行日となり、テギルは最後まで悩んでいると、執行場に現れたマングムを見る。マングムはテギルと目が合うと消えてしまい、テギルはインジャが「マングムは私の一言でいつでも生死を異にする場所にいる」と言っていたことがウソだとわかった。テギルは「すぐに刑を執行しろ」と言い、首切りたちは刑の執行を急いだ。その時、淑嬪チェ氏(ユン・ジンソ)が亡くなったという悲報が聞こえてきて、インジャは王族が死に、喪が明けるまで刑執行を禁ずる法律によって助かった。

ユン(ヒョヌ)が粛宗を訪ね、インジャを助けて欲しいと言った。粛宗とユンは火花を散らし、粛宗はユンと刀まで交えて倒れてしまい、生命の危機に直面した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング