「ア陸大」で一躍スターとなったRUIとは…ヒョナに憧れ韓国に渡って4年目の日本人

Wow!Korea / 2017年1月31日 11時47分

2017年の「アイドル陸上大会」で一躍スターとなったのは日本人のRUI(ルイ、22)だった。(提供:OSEN)

2017年の「アイドル陸上大会」で一躍スターとなったのは日本人のRUI(ルイ、22)だった。

RUIは30日に放送されたMBC旧正月特集「アイドルスター陸上アーチェリー新体操エアロビック選手権大会」女子60メートル走に出場し、金メダルを獲得した。圧倒的だった。優勝候補の「GFRIEND」ユジュ(19)、「gugudan」セジョン(20)らをおさえた結果だ。

奇跡でもあった。まだ所属のガールズグループ「H.U.B」はデビューもしておらず、自身はソロシンガーとしてデビューは飾ったものの名を広めるには至らなかった。無名に近い知名度“ゼロ”の歌手が「アイドル陸上大会」放送後、ポータルサイトの検索語上位に浮上し、関連記事も相次いだ。

それは突然のスター誕生となった。歌手になるため日本から韓国に渡って4年で、名を広めるのに成功したRUI。果たしてこの勢いで、「H.U.B」の成功的なデビューを導くことができるのか期待が集まる。

-1位となった心境は。

日本にいた頃から「アイドル陸上大会」は出演したい番組でした。金メダルまで獲得して本当に驚きましたし、うれしいです。実際、危機もあったんです。出場する1週間前に物が落ちてきて足を負傷しました。練習量が不足し、心配しました。それでも1位になれて本当に幸せです。

-金メダルを獲得し、最初に思い浮かんだのは。

メンバーたちです。母と事務所代表のことも思いました。一人だけではなく、瞬間的にパノラマのようにかすめていきました。泣くのも我慢しました。後にメンバーたちも泣いて、わたしも泣きました。

-運動神経が良いようだが。

中学校の頃、学校のクラブでバスケットボールを1年間しました。それ以降はスポーツをしたことがなく、走るのもとても久しぶりでした。

-ライバルは誰だった?

銀メダルとなった「GFRIEND」ユジュ先輩です。もともと走るのが速く、フォームもきれいです。終わってから互いに「お疲れ様でした」とあいさつしました。

-放送当日からRUIが話題だが。

まだ1位を獲ったことも信じられません。これからはステージで良い姿をお見せしたいです。2月初めにデビュー予定なので、今回の「アイドル陸上大会」が良いスタートになったようです。

-“ルサインボルト”というニックネームまで付いたようだが。

初めはどういう意味かわかりませんでした。有名なスポーツスターと比較され感動です。

-所属グループについて。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング