テギョン(2PM)、キム・ソヒョンとの“11歳差カップル”にお似合いと自信満々!

Wow!Korea / 2017年4月17日 15時20分

テギョン(2PM)、キム・ソヒョンとの“11歳差カップル”にお似合いと自信満々!

テギョン(2PM)の主演ドラマ「キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~」のDVD-SET1&SET2が、好評リリース中。アーティストとしても、俳優としても日本でも高い人気を誇るテギョンが、幽霊を退治するイケメン大学生ボンパルを熱演。“ツンデレ”要素たっぷりのギャップ萌えの魅力に、思わず胸キュン&ドキドキすること間違いなし!

幽霊を演じるのは「太陽を抱く月」など、名子役として演技キャリアを積んだキム・ソヒョン。さらに、物語の鍵を握るイケメン教授役を演じる「ゴハン行こうよ シーズン2」のクォン・ユルのミステリアスな魅力も全開だ。

-「キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~」の出演を決めた理由は。

ボンパルの独特なキャラクター設定を見て、「挑戦したい」と思いました。台本を初めて受け取ったときは、ちょっと気の毒なキャラでありながら、コメディ要素も強いキャラクターだったんです。でも、僕が演じていくうちに、少しずつ変化し、僕の素に近いキャラクターになっていきました。

-ボンパルはどんなキャラクターですか。

幼い頃にある事件によって、幽霊が見えたり、触ったりできる体質になってしまった青年です。幽霊が見えるのは呪わしいことだと考えから、その能力をなくすために、退魔師をしてお金を稼ぎます。

-幽霊女子高生ヒョンジを演じたキム・ソヒョンさんとの共演はいかがでしたか。

ソヒョンさんとはとても息がぴったりで、楽しく演じることができました。今まで僕が共演してきた中で一番歳が若い女優さんなのかな?歳が若いのにしっかりしていて、プロフェッショナルで、繊細な演技をするので、逆に僕の方が多くのことを学ばせてもらいました。

-11歳差のカップルとしても話題になりましたが、撮影期間、年の差を感じることはありましたか。

(しみじみと)本当にたくさんの場面で感じました……(笑)例えば、韓国語でご飯をパプと言うのですが、僕は昼食時間になると、クローン(CLON)先輩の「ナン(僕は)」の「パプパプディララ~♪」というフレーズを歌いながら、昼食を食べに行っていたんです。ご飯(パプ)だから「パプパプディララ~」(笑)。でも、ソヒョンさんはその曲を知らなくて…とても悲しかったです。その他にも同様の事が続いていたので、何か歌が思い浮かんだ時には「この曲は知っている?」と聞いていました。思ったよりもよく知っていましたが…(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング