【イベントレポ】「超新星」グァンス&ジヒョク、除隊後初のファンミーティングでファンと再会

Wow!Korea / 2018年3月14日 23時17分

「超新星」グァンス、ジヒョク

「超新星」のグァンスとジヒョクが3月14日(水)、除隊を記念したファンミーティング「TAKARA」を東京・豊洲PITで開催した。2人は2016年6月9日に揃って入隊、グァンスは京畿(キョンギ)南部警察広報団、ジヒョクは釜山(プサン)地方警察庁別館機動2中隊広報団で服務した。1月25日、メンバーのゴニルの除隊に続き、3月8日に除隊した2人。

除隊後初めてとなるファンミーティングでこの日を心待ちにしていたファンに感謝の気持ちを伝えたことはもちろん、入隊中のエピソードトークやソロステージ、2人のステージを披露し忘れられない新たなスタートの時間を作った。

司会のYumiが登場し、ファンと共に「グァンス~!ジヒョク~!」と叫ぶと、なんと会場後方のドアから登場した2人。思わぬサプライズに会場をぎっしりと埋め尽くしたファンは大歓声で迎え、手を振ったりハイタッチをしながらステージへ向かうグァンスとジヒョクも感激した様子だった。恒例の「君たちは?」、「『Milky Way』!」(ファン)、「僕はグァンスです、ジヒョクです!」とやりとりをすると2人は敬礼をしてあいさつ。「おかえり~!」の声に「ただいま~!」と答え、満面の笑みを見せた。

グァンスは「やっぱり俺の居場所はここだ!と思い切り感じました」と話し、ジヒョクも「ファンの皆さんと近くで会って、顔を見て目を合わせたら、僕、今幸せだなと思いました」と今の気持ちを表現した。Yumiから「さらに体をしぼったんじゃない?」と言われたグァンスは「最高の姿で皆さんの前に立ちたかったので、頑張りました」と変わらないストイックさを見せ、ジヒョクにも客席から「痩せた~!」という声がかかると「ダイエットというよりは、腕立て伏せとか腹筋を頑張りました」と明かした。

続いてキーワードトークのコーナーでは入隊中のエピソードを中心に公開。グァンスのキーワードは「先輩」と「ゴルフ」。グァンスは広報団で「JYJ」のジュンス、「SS501」の末っ子キム・ヒョンジュンと共に服務した。「音楽界では大先輩なのに、軍隊では僕が先輩という立場で…。ジュンスさんと2人の時は兄さんと呼んでいましたが、立場的に『ジュンス!』と呼ばなければいけなくて…」と入隊中ならではのエピソードを打ち明けた。

また、「日本での活動も、ジュンスさんやヒョンジュンがいなかったら、『超新星』もなかったと思うんです。先輩たちがいたから『超新星』や他の後輩たちもその道を歩けたと思うので」と感謝の気持ちを語ったほか、「ジュンスさんは今まで見たアーティストの中で歌もダンスも一番!それにヒョンジュンは本当にエンターテイナー!どうやったらファンの皆さんを喜ばせることができるか分かっていて。天才ですよ」と2人を絶賛。「2人から学んで勉強できたので、『超新星』も負けないように頑張りたいです!」と決意を新たにした。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング