女優チョン・ヘヨン、ドラマ「別れが去った」で5年ぶり活動復帰へ

Wow!Korea / 2018年3月15日 15時51分

女優チョン・ヘヨン、ドラマ「別れが去った」で5年ぶり活動復帰へ(提供:OSEN)

韓国女優チョン・ヘヨン(44)が、テレビドラマに復帰する。2013年に放映されたドラマ「九家の書」以降、およそ5年ぶりとなる。

所属事務所YGエンターテインメントは15日、チョン・ヘヨンがMBC週末ドラマ「別れが去った」への出演を確定したと明かした。

同ドラマは、奇遇な運命の3人の女性が、現代の”母親”として生きていく中で経験する痛みや傷を描くストーリー。チョン・ヘヨンは有能なフライトアテンダントとして働いていたが、一瞬のミスですべてを失った後、ただ娘の面倒をみながら生きていく女性キム・セヨン役を担う。

ドラマ復帰が決まったチョン・ヘヨンは「作家が表現する3人の女性の母性愛に魅了された」とし、「久しぶりに演じることになるが、このドラマが伝えるメッセージに視聴者も大きく共感してくれるだろう」と明かした。

一方、ドラマ「別れが去った」は来る5月、韓国MBCで放送スタート。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング