≪韓国ドラマNOW≫「キム秘書がなぜそうか? 」11話

Wow!Korea / 2018年7月11日 23時17分

ドラマ「キム秘書がなぜそうか? 」より(提供:news1)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

11日に放送されたtvNドラマ「キム秘書がなぜそうか?」11話では、ヨンジュン(パク・ソジュン)とミソ(パク・ミニョン)が拉致された当時の事件の全貌が描かれた。

幼い時のヨンジュンとミソは、同じ女性に拉致されて閉じ込められていた。犯人は男に裏切られたショックで罪のない二人を拉致したのだった。犯人はヨンジュンが見ている前で首つり自殺をし、その様子を見たミソには大きなクモだと言った。ヨンジュンとミソは一緒にアジトを脱出したが、ヨンジュンはトラウマに悩まされながらもミソの心配をしながら生きてきた。のちにインターン社員として入ってきたミソと再会したヨンジュンは、心の中で彼女を愛しながらそばにおいたのだった。

マジックショーより衝撃な当時のことを思い出したミソは倒れ、ヨンジュンは病院に運んだ。

目覚めたミソはヨンジュンに「副会長、記憶をなくしたのではないでしょ?ただ忘れたふりをしたんでしょ?私は全て思い出しました。あの日のことを。あの女まで。そしてやっとわかりました。どうしてあんなにお兄さんを見つけたかったのか」と言いながら涙を流した。

ミソは「ありがとうと、あの日お兄さんも怖くて大変だっただろうに私を守ってくれてありがとうと伝えたかった」と言った。そしてミソはどうして先に話してくれなかったのか聞くと、ヨンジュンは「あの苦痛を分かち合いたくなかった」とし、あの時の事を毎日思い出していたと明かした。

続けてヨンジュンは、幼い時のミソが欲しがっていた人形をプレゼントした。ヨンジュンは「このくらいなら夫候補として確実だろ?」と自分の気持ちを伝えた。

またミソが過去を思い出して一人で寝るのを心配するヨンジュンが、夜遅くにミソの所へ行き、「一緒に寝よう」と言ってミソをドキドキさせた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング