<インタビューその2>俳優チソン、妻で女優のイ・ボヨンについて語る「涙が出るほど感謝」

Wow!Korea / 2018年9月20日 22時14分

俳優チソン(提供:OSEN)

韓国俳優チソンが、妻で女優のイ・ボヨンについて愛情たっぷりに語った。

チソンとイ・ボヨンは韓国芸能界を代表するおしどり夫婦で、仕事と愛の両方を手にした“模範夫婦”として広く愛されている。常にイ・ボヨンに対する並々ならぬ愛情を示してきたチソンは、映画「明堂」のインタビューでも同じだった。

「私の人生そのものが、イ・ボヨンに合うようになっている。妻に会ってから学ぶことが多い」と語り始めた。

また「妻は、至らない私にいろんなことを教えてくれた。彼女とは私がつらい時期に会った。幼い時から自分自身を優先したことはない。常に他人のことを先に考えて、自分自身を愛したことがなかった。だけど妻にありがたいのは、僕自身を愛せるようにしてくれたことだ。涙が出るほど感謝している」とし、「妻に会って、演技がすごく変わった。体で表現し、心で表現してみたら、はっきりと変化があった」と強調した。

さらに“親バカ”な一面も。「やっと子どもができて、父親が何のなのかを知り、感じることは、これから20年先のことを考えないではいられないことだ。娘が大きくなり、結婚する時に私が元気だったらと思う。日ごろからそういう気持ちで体調管理をしているほうだ」とし、「食べ物も調節して、娘と共に元気に童心の世界で過ごそうと心掛けている」と明かした。

続けて「アクションは事前にしっかり準備する。個人的に武術監督に会って、いつも練習する。刀を使うことや、体を使うことをそれぞれ準備する必要はなかった。それが私の生活。娘にも『パパは健康だ、元気だ』と感じてもらいたい。家でアクションを練習し、横で娘がそれを見守ってくれる」とし、「娘が蹴りをマネしたり、ストレッチも一緒にやったりする。一緒に運動をすると、子どもが明るくなる。『パパと走ろうか』と言って走ったりもする」と優しいパパの一面を見せた。

ドラマ「知ってるワイフ」が終わって、家族とたくさんの時間を過ごしたいというチソンは「仕事に最善を尽くしたら、家族と過ごせる時間が減る。作品が終わったら、与えられた時間を妻や娘と過ごす。1年間、何をしたかと考えてみると、ほとんどない。友人には申し訳ないが、ほとんど会えなかった。だけど家族が優先なのは当然だ。仕事を優先すると、家族ときちんと向き合えない」と良き夫の一面も見せた。

現在、イ・ボヨンは第2子を妊娠中で、チソンは妻とたくさんの時間を過ごす準備をしているという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング