女優チェ・スビン、今月で現所属事務所と専属契約終了=事務所移籍へ

Wow!Korea / 2018年12月21日 16時36分

女優チェ・スビン、今月で現所属事務所と専属契約終了=事務所移籍へ(提供:news1)

韓国女優チェ・スビン(24)が所属事務所を移籍する。

韓国メディアの取材結果、チェ・スビンは今月12月で現所属事務所Toinエンターテインメントと契約が満了する。複数の関係者によるとチェ・スビンは、Toinエンターテインメントとの再契約よりは他の事務所への移籍する方向で糸口を見つけた。

女優チェ・スビンは2013年、演劇「彼と彼女の木曜日」でデビューし、独立映画や短編映画に出演して演技活動を開始した。2014年MBC「怨女日記」や2015年KBS「スパイ」で地上波に初出演したチェ・スビンはすぐに週末ドラマ「青い鳥の家」の主役にキャスティング、話題となった。チェ・スビンはその年「APAN STAR AWARDS」とKBS演技大賞で新人演技賞を受賞した。

その後、チェ・スビンはKBS「不躾にゴーゴー」や「雲が描いた月明り」、MBC「逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン」、映画「ロボット、音」、、KBS「最強配達人~夢みるカップル~」、「ロボットじゃない~君に夢中!~」に続き、最近の作品「キツネ嫁星(邦題:輝く星のターミナル)」ではロマンスジャンルでも強みを見せて、次世代をリードする女優へと成長した。

ミニシリーズの主演として成功的な結果を見せただけに、彼女へ向けられたマネジメント会社のラブコールも多くなるものと予想される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング