“性行為盗撮”歌手チョン・ジュンヨン、国民請願に登場「再犯の可能性あり…電子足輪を」

Wow!Korea / 2019年3月13日 0時18分

韓国歌手チョン・ジュンヨン(30)が性暴力犯罪の処罰に関する特例法違反(カメラなどの利用撮影)、いわゆる“盗撮”容疑で立件された中、電子足輪の装着を望む声が高まっている。(提供:OSEN)

韓国歌手チョン・ジュンヨン(30)が性暴力犯罪の処罰に関する特例法違反(カメラなどの利用撮影)、いわゆる“盗撮”容疑で立件された中、電子足輪の装着を望む声が高まっている。

12日、あるネットユーザーが大統領府ホームページの国民請願掲示板に「被疑者チャン・ジュンヨン起訴、求刑時に電子足輪の装着命令を要求、化学的去勢の要求を並行することを請願します。被害者が10人ということは、性的倒錯があるという点に対する証明が十分な事案です」という文章を掲載した。

また「再犯の可能性が高いです。未成年者の性的暴行で電子足輪の装着命令を受けたコ・ヨンウクのような犯罪者であり患者です。刑事処罰とは別に再犯防止処分が必要です」とし、「盗撮された被害者に薬物使用はなかったのか拡大捜査を望みます。薬物容疑が見つかった場合、麻薬類管理法違反、準強かん罪追加」と主張した。

2016年8月、チョン・ジュンヨンは元交際相手の女性から盗撮容疑で告訴された。当時、騒動が大きくなり、チョン・ジュンヨンは記者会見を開いて「ふざけ半分で撮影し、お互いに認めた上で撮った。元交際相手ともめて通報された」と謝罪と釈明をした。結局、この事件は在宅起訴意見で送検されたが、チョン・ジュンヨンは10月6日に容疑なしの処分を受けた。

しかし最近、V.I(BIGBANG)の性接待疑惑を捜査していたソウル地方警察庁広域捜査隊は、V.Iのカカオトークのグループトークルームでチョン・ジュンヨンの名前を発見。チョン・ジュンヨンは2015年末から10か月間、女性10人の性行為の盗撮をしてその動画を流布した容疑を受けている。

警察は、チョン・ジュンヨンに対して出国禁止を申請し、被疑者として出頭させて取り調べをする予定。ある弁護士は「5年以下の懲役または3000万ウォン(約300万円)以下の罰金もしくは身元情報登録などの処分を受けることになるだろう」と説明している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング