V.I(元BIGBANG)の外国でコカイン使用&売春あっせんの証言を確保=韓国警察

Wow!Korea / 2019年3月20日 22時27分

今回は韓国警察が、歌手V.I(元BIGBANG、28)が海外でコカインを使用し、売春をあっせんしたという証言を確保したと主張した。(提供:news1)

今回は韓国警察が、歌手V.I(元BIGBANG、28)が海外でコカインを使用し、売春をあっせんしたという証言を確保したと主張した。

20日に放送されたMBNの「ニュース8」は、2017年にフィリピンのパラワン島でのV.Iの誕生日パーティーで性接待もしくは売春あっせんがあったという証言を警察が確保したと報じた。

以前からV.Iがパラワン島で誕生日パーティーを開いた時、風俗店の女性たちを動員した疑惑が浮上していた。警察はこれに対する証言を確保し、関係者を取り調べ中だと「ニュース8」は伝えている。

また「ニュース8」は、V.Iが海外でコカインを使用したという証言も最近警察が確保しているとし、18日に非公開召喚して取り調べをしたと報じた。これに関してV.I側は、コカイン使用疑惑を否定し、情報提供者と対面調査でも受けるという立場を明らかにした。

ことし1月に“Burning Sun騒動”が起きてから、V.Iは2月28日に自ら警察に出頭して調べを受けた。その際には薬物使用についての調べもおこなわれた。これに関してV.I側の弁護人は「警察によると、現場での1次調査の結果、問題のない“陰性”だった」とし、「毛髪からは2~3年前の記録まで出てくるそうだ」と説明した。

一方、V.Iは最近、入隊を延期して警察の捜査に臨むことにした。兵務庁もV.Iの入隊延期願を受け入れ、延期を決定した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング