パク・ヒョンシク、チャン・ドンゴンのハグに感動! 「先輩とのブロマンス」に惹かれたと告白

Wow!Korea / 2019年4月24日 16時8分

パク・ヒョンシク、チャン・ドンゴンのハグに感動! 「先輩とのブロマンス」に惹かれたと告白(画像:オフィシャル)

数々の映画で“韓流四天王”の1人としても君臨するビッグスター チャン・ドンゴンと、「花郎<ファラン>」などで人気上昇中の韓流新プリンスパク・ヒョンシクが、華麗なる初共演で話題騒然の2019年最大の話題作「SUITS/スーツ~運命の選択~」。待望のDVD&Blu-rayが、好評リリース中!

夢の初共演を叶えた本作は、韓国最大手の法律事務所でカリスマ弁護士を演じダンディな魅力を誇ったチャン・ドンゴン、天才的記憶力を買われてワケあり新人弁護士を演じたパク・ヒョンシクの極上のビジュアルと破格の人気で、年代問わずハートを鷲掴み!主演2人の軽快な掛け合い、緻密な構成、韓国ドラマならではのラブラインなど、オリジナルを超えた面白さとクオリティの高さが話題を呼び、同時間帯視聴率1位を獲得!

DVD&Blu-rayリリース記念で、チャン・ドンゴンとパク・ヒョンシクの最強コンビによる対談インタビューが到着しました。

●出演が決まり、台本を読んだ感想を教えてください。

チャン・ドンゴン(以下チャン)とても面白いと思いましたね。このドラマに登場するキャラクターの個性や特徴、その姿がとても興味深いと思いました。

パク・ヒョンシク(以下パク)僕は、同じ年頃の男性とのブロマンスじゃなくて、先輩とのブロマンスに興味を惹かれました。そしてこのブロマンスをうまく演じることができれば、これまでのドラマにはなかったものを、お見せできるのではと、とても期待感をもって、読ませていただきました。

●弁護士という役柄を演じるうえで、神経を使った部分は?

チャン弁護士という職業よりも、チェ・ガンソクという人物のキャラクターをどう表現するかを考えました。そうすれば、職業的な部分は後から付いてくると思います。私の場合、医者や政治家を演じることも多いですし、専門職というキャラクターに対して不慣れではありません。法律用語とか、普段は使わないような言葉をたくさん話さなければいけませんが、それを自然に演じるには、台本を何度も声に出して読んでみるしかないですね。そういう点では、神経を使ったと言えるかもしれません。

パク僕の場合、天才的な記憶力を持つという特殊なキャラクターでしたので、まずはセリフを覚えることが急務でした(笑)。キャラクターの特徴については、監督ともたくさん話をしながら、作り上げていきました。幸い、撮影に支障がないように、ちゃんとセリフを覚えることができて(笑)、楽しく撮影をしたように思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング