V.I(元BIGBANG)は横領・売春あっせん容疑で、チェ・ジョンフン(元FTISLAND)は集団性的暴行容疑で、それぞれ逮捕状請求される

Wow!Korea / 2019年5月8日 18時42分

韓国警察が、売春あっせん及び法人資金横領容疑の歌手V.I(元BIGBANG、28)に逮捕状を申請。また集団性的暴行容疑のチェ・ジョンフン(元FTISLAND、29)に対して検察が逮捕状を請求した。(提供:news1)

韓国警察が、売春あっせん及び法人資金横領容疑の歌手V.I(元BIGBANG、28)に逮捕状を申請。また集団性的暴行容疑のチェ・ジョンフン(元FTISLAND、29)に対して検察が逮捕状を請求した。

ソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊は8日、V.Iに対する特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(横領)、売春あっせんなどの行為の処罰に関する法律違反などの容疑で逮捕状を申請したと明らかにした。ユリホールディングスの元代表で女優パク・ハンビョルの夫ユ・インソク(34)に対しても同じ容疑で逮捕状を申請した。

V.Iは2017年12月にフィリピン・パラワン島で自身の誕生日パーティーを開いた。当時、V.Iは自ら経費を出して風俗店の女性数名もフィリピンに招待し、そこでこの女性たちと、V.Iが招待した客の間で性的関係があったという主張が提起された。警察は、V.Iが海外の投資家たちを相手に性接待したと見て、ことし3月から調べを進め、ユ・インソクはこの容疑を一部認めていると伝えられた。

V.Iがユ・インソクと共に経営していたユリホールディングスも数億ウォン(数千万円)の資金横領が疑われており、警察は横領容疑の全般と、V.Iがどれほど介入していたのかについて調べを進めてきた。

V.IはクラブBurning Sunから触発された各スキャンダルで芸能界に波紋を広げた。その後、V.Iは芸能界引退を宣言し、入隊も延期して警察の捜査に臨んできた。

またこの日、ソウル中央地検女性児童犯罪調査部は7日、性暴力処罰法上準特殊強かんなどの容疑でチェ・ジョンフンに対して逮捕状を請求したと明らかにした。警察は、先月30日にチェ・ジョンフンを被告人として召喚し、聴取をおこなった。

チェ・ジョンフンは歌手チョン・ジュンヨン(30)らと“チョン・ジュンヨンのグループトークルーム”のメンバーと共に2016年1月、江原道(カンウォンド)洪川(ホンチョン)、そして同年3月に大邱(テグ)で女性を酔わせて集団性的暴行をした容疑がかけられている。

チェ・ジョンフンに対する拘束前被疑者審問(令状質実審査)は、9日午前10時30分にソウル中央地裁でおこなわれる予定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング