パン・シヒョク代表、「防弾少年団」と共に米グラミー「The Recording Academy」会員に選定

Wow!Korea / 2019年6月7日 11時11分

パン・シヒョク代表、「防弾少年団」と共に米グラミー「The Recording Academy」会員に選定(提供:OSEN)

Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表がアイドルグループ「防弾少年団(BTS)」と共に米国「The Recording Academy」の会員に選定された。

6日(現地時間)The Recording Academyは公式ホームページやSNSを通じて「ことしの会員1340人を発表した」と明かし、その中にはBig Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表と防弾少年団のメンバー7人が含まれた。これは全世界に及ぼした音楽的な影響力と貢献が反映されたものと評価される。

今回、パン・シヒョク代表が登録されたprofessional memberは総括プロデューサー、ジャーナリスト、音楽大学教授やレーベルの高位関係者などが資格基準であり、「防弾少年団」が登録されたvoting memberは米国で販売やストリーミングされたアルバム・音源がなければならない。

The Recording Academyの会員になると、毎年グラミー賞の受賞者を決定する投票権が与えられ、全世界の音楽専門家らと交流する機会の幅も広がる。パン・シヒョク代表と「防弾少年団」は2020年グラミー賞から投票に参加が可能となる。

一方、パン・シヒョク代表は全世界の主要団体から認められ、グローバル・ミュージック・リーダーとして地位を固めている。最近ではビルボードの「International Power Players」と、Varietyの「International Music Leader」に2年連続名を連ねた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング