第1回「平昌南北平和映画祭」、盛大に開幕…韓国映画関係者らが勢ぞろい

Wow!Korea / 2019年8月18日 0時44分

第1回「平昌南北平和映画祭(1st PyeongChang International Peace Film Festival)」の開幕式が16日、平昌オリンピックスタジアムで盛大に開かれた。(提供:OSEN)

第1回「平昌南北平和映画祭(1st PyeongChang International Peace Film Festival)」の開幕式が16日、平昌オリンピックスタジアムで盛大に開かれた。

開幕式には、韓国内外の監督や俳優、そして映画祭の関係者らが勢ぞろいし、注目を集めた。

開幕式前に開かれた平和ロード撮影会には、本映画祭で司会を務める俳優チョ・ジンウンとチェ・ヒソのほか、アン・ソンギ、パク・ソンウン、コ・ボギョル、チャン・ヒョンソン、パク・ミョンフン、チェ・ミンチョル、パク・チョンジャ、オ・スンフン、ナ・ギスらが登壇した。

続いてイム・クォンテク監督、ネルソン・シン監督、イ・ジャンホ監督、ビョン・ヨンジュ監督、イム・スンレ監督、チュ・サンミ監督、そして開幕作品「鳥」の制作者イ・ボンウ代表、北韓VR監督アラム・パン、キム・デファン監督、チャン・ウジン監督、チェ・ムンスン江原道知事、ソ・ホ統一部次官、アン・ミンソク議員、チュ・ヘジン議員などそうそうたる顔ぶれが揃った。

また、キム・ドンホ釜山国際映画祭名誉執行委員長、釜山国際映画祭イ・ヨングァン理事長、チョン・ヤンジュン執行委員長、チョン・ジヨン富川国際ファンタスティック映画祭組織委員長、ぺ・チャンホ欝州世界山岳映画祭執行委員長、オ・ソックン映画振興委員会委員長、シン・チョル富川国際ファンタスティック映画祭執行委員長、ミン・ソンウク全州国際映画祭副執行委員長、ホン・ヒョンスクDMZ国際ドキュメンタリー映画祭執行委員長らが参席した。

司会の挨拶に先立ち、上映作のハイライトと公式トレイラーが上映された。チョ・ジンウンとチェ・ヒソは「南と北が1つとなった歴史的な場、平昌オリンピックスタジアムで、その感動を思い起こすためにここで映画祭を開催した」と映画祭の開催意義を明かした。

チェ・ムンスン名誉理事長の歓迎辞とソ・ホ統一部次官の祝辞に続き、ムン・ソングン理事長が第1回平昌南北平和映画祭のスローガン「線を越えて1つに、力を合わせて平和へ」を掲げ、開幕を宣言した。

続いて、パン・ウンジン執行委員長による審査委員の紹介が行われた。開幕公演に先立ち、開幕作品紹介のため平昌南北平和映画祭のチェ・ウンヨンプログラマーがステージに登壇。開幕作品「鳥」のモチーフとなった実話の主人公ウォン・ヨンオ先生の長男、ウォン・チャンドク博士とステージに立ち、挨拶した。

司会者らの開幕式閉会宣言に、ハリム、イ・ヒャン、ヤン・ギルホがコラボした開幕祝賀公演を開催。最後に「鳥」が上映され、開幕式は幕を下ろした。

今年が初回となる平昌南北平和映画祭は16日から20日までの5日間、「平和」をテーマに、33カ国103本の映画と様々な展示、プログラム、トークイベント、ステージイベントなどが行われる予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング