≪韓国ドラマNOW≫「新米史官ク・ヘリョン」23、24話

Wow!Korea / 2019年8月23日 9時53分

ドラマ「新米史官ク・ヘリョン」より(提供:news1)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

22日に放送されたMBCドラマ「新米史官ク・ヘリョン」23、24話では、ヘリョン(シン・セギョン)とリム(チャ・ウヌ(ASTRO))の前庭での様子が描かれた。

ヘリョンは王(キム・ミンサン)に呼ばれた。王とイクピョン(チェ・ドクムン)の会話をヘリョンが書き留めていたのを知っていたからだ。

王はヘリョンに「うんざりしないのか」とし、「王との酒だ。これを飲んで、君も私も本分を放棄するのだ」と言った。

するとヘリョンは酒を注いでもらってから「王様、私は結構酒に強いんです。私を酔わせようというお考えでしたら無駄ですよ」と言った。

王は「それならどうしたら口を開くんだ。恥ずかしくないのか?気づかないのか?あの日のことで心配していることを全くわからないのか」と聞いた。

ヘリョンは分かっていると答えると、王は「わかっているくせに、どうして王に勝とうとするんだ」と聞いた。ヘリョンは「これは史官の道理を守る問題だ」と答えた。

王はヘリョンの望みを聞いてやることになり、芸文館の辞令を自ら出して史官たちがピリピリしてしまったことを謝罪した。「今後、どのような場にも入ることができ、誰もそれを止められない」という内容に史官たちは喜んだ。

その後、芸文館の史官たちは食事会をした。偶然、リムも同席することになった。ヘリョンは「どうしてここに来たんですか。3杯飲んだだけであの世行きです。これからは私に注いでください」と心配した。先輩史官たちがリムに酒を勧め続けると、ヘリョンがこっそりと助けた。

ヘリョンはリムを連れて行った。リムはヘリョンを心配して、はちみつ水を作りに行った。その間、ヘリョンは部屋で文章を見つけた。文章には切ない気持ちが込められていた。

リムは、はちみつ水を持ってきたが、何も言わないヘリョンを見て心配した。ヘリョンは「私の恋はずっとずっと生きているので、主人になってください」と言ってリムに口づけした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング