俳優カン・ジファン、性的暴行容疑を認める「深く反省…」

Wow!Korea / 2019年9月2日 15時49分

性的暴行及びわいせつ容疑をもたれている俳優カン・ジファン(42、本名:チョ・テギュ)が公訴事実を認め、反省した。(提供:news1)

性的暴行及びわいせつ容疑をもたれている俳優カン・ジファン(42、本名:チョ・テギュ)が公訴事実を認め、反省した。

2日午後、水原地方裁判所城南支院で、準強制わいせつ等の容疑で起訴されたカン・ジファンの事件に対する初公判期日が開かれた。

カン・ジファンは同日、囚人服を着て裁判に出席。無表情で短髪にひげがやや伸びた姿で、判事が「職業が芸能人となっている」と話すと、何も言わなかった。

続けてカン・ジファン側の弁護人は「被告人は控訴事実に記載された事実関係について、概ね認めており、自身の過ちを深く反省している。たくさんの苦痛を受けた被害者らにどのような言葉を申し上げればいいのか、痛切な気持ちで謝罪して、被害者の気持ちが少しでもよくなるよう謝罪する」と強調した。

さらに弁護人は「被害者にこのような心情を伝えて、賠償できるように切にお願いしたい」とし、「被告人は恥ずかしながら、この事件をきちんと覚えていない。そして、これは逮捕の過程から一貫して見せている姿であり、われわれ弁護人も残念に思う。検察の証拠記録を何度も検討して調べてみたが、被告人が驚くほど困惑している」と弁論した。また弁護人は「公訴事実自体は認める」とも付け加えた。

続けてカン・ジファンも公訴事実について、小さな声で「間違った行動だと思い、深く反省している」と述べた。

カン・ジファン側は特に非公開審理を要請した。彼らは当時の状況が収められたCCTV映像について言及し、「被害者の私生活が露出されるというのは私たちもわかっているため、次の審理は非公開審理にしてほしい」と述べた。

なお、次の公判期日は来る10月7日に行われる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング