「ランニングマン」キム・ジョングク 、チョン・ソミン…高難度のカップルダンス挑戦→スキンシップ難色

Wow!Korea / 2019年9月7日 15時56分

「ランニングマン」キム・ジョングク 、チョン・ソミン…高難度のカップルダンス挑戦→スキンシップ難色(提供:Osen)

「ランニングマン」のメンバーらが団体振り付けの練習に突入する。

8日午後5時に放送されるSBS芸能「ランニングマン」ではファンミーティングを控えてメンバーを驚愕させた高難易度の団体振り付けの練習過程が公開される。

メンバーたちは「ランニングファンミーティング」のための課題であった団体振り付けのために、振付師リアキムの指導の下きつい練習に没頭した。メンバーたちが苦戦する高難易度の動作にメンバーたちの「メンタル崩壊」が続き、特に「ランニングマン」の最高齢者54歳ジ・ソクジンは練習の間に「到底できないよ。頼むから私抜きでやってくれ」と難しさを吐露した。

このほか、振付の練習中にキム・ジョングクとチョン・ソミン「ククミン兄妹」の二人の恋愛感情の芽生えが目立つ高難易度のカップルダンスとソン・ジヒョとチョン・ソミンのセクシーダンスが行われた。特にキム・ジョングクの強さとチョン・ソミンの柔軟性が要求されるカップルの振り付けで、二人はスキンシップが要求される動作に難色を示したが真摯な姿で取り組んでメンバーたちから拍手を受けた。

続いてソン・ジヒョとチョン・ソミンのセクシーダンスでは、少々硬い二人の姿にメンバーたちの冗談が止まらず、結局ソン・ジヒョは「カメラをちょっと切ってほしい」と叫んで笑いを誘った。

その一方で「ランニングマン」のメンバーは、団体の振り付けの成功のために、過去3か月間個人的な時間まで割いて練習に取り組んだ。メンバーたちの汗で成し遂げた団体振り付けステージへの期待感がますます高まっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング