ユナ(少女時代)、韓国観光グローバル広告の顔に“まもなく全世界に公開へ”

Wow!Korea / 2019年9月19日 20時40分

ユナ(少女時代)、韓国観光グローバル広告の顔に“まもなく全世界に公開へ”(提供:news1)

韓国・文化体育観光部と韓国観光公社は、韓国と韓国観光の認知度の向上と外国人観光客の誘致拡大のためのグローバルデジタル広告を本格的に開始する。

今月24日から始まる広告キャンペーンは中国、香港、台湾など中華圏のみならず、日本、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアなど東南アジアの主要国家のテレビおよびYouTube、そしてFacebookなどデジタルチャンネルで公開される。

今回の広告のテーマは「あなただけの韓国旅行」である。外国人観光客が趣向や関心事によって韓国旅行を楽しむ心理を刺激するべく制作したのが特徴だ。また市場別に好む韓国旅行の類型を反映してテーマを変えた。

中華圏や東南アジアの場合、若い女性層の日常の関心事を韓国旅行と連結させ、いわゆる心理的満足欲求旅行と△ファッションおよび美容と関連されたトレンディな韓国旅行△韓国でのみ楽しむことができる格別な体験旅行△子どもと一緒に出かける家族旅行など4つのテーマで制作された。

現地で認知度が高い「少女時代」のユナが広告モデルとして登場し、韓国で楽しむことができるさまざまな体験街を自然に紹介する。

日本に公開される広告も主な市場である若い女性層たちに焦点を当てて主要な関心事である△写真撮影旅行△レトロ(復古)旅行△美食旅行△ファッション・美容旅行の4つのテーマを活用した。

中国および東南アジアとは異なり日本は別のモデルをキャステングし、さらに現地に特化された広告を目指す方針だ。

観光公社のウ・ビョンヒ・ブランドマーケティングチーム長は「海外での現地の消費者たちの日常的な関心事が韓国旅行に自然に繋がるように、情緒やトレンドを詳しく反映することに焦点を当てた」とし「海外支社を通じて韓国国内の広告撮影地の観光商品化など本格的な現地でのマーケティングにも乗り出す予定」と述べた。

新規の広告映像は韓国観光公社の公式YouTubeサイトで今月20日から見ることができる。

一方、観光公社は日韓関係の悪化状況を考慮し、日本市場はテレビよりも若年層の活用度が高いデジタルメディアを中心にキャンペーンを展開し、中華圏と東南アジアを向けの戦略的な広告を推進する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング