「DAY6」韓国語の歌詞歌う姿に感動…アメリカ7つの都市9公演終了

Wow!Korea / 2019年10月5日 16時51分

「DAY6」韓国語の歌詞歌う姿に感動…アメリカ7つの都市9公演終了(提供:Osen)

韓国ボーイズグループ「DAY6」がアメリカツアーでパワーを誇示した。

「DAY6」は先月12日~13日(以下、現地時間)に開催されたニューヨークのコンサートを皮切りに、15日ボストン、18日マイアミ、20日ダラス、22日シカゴ、25日サンフランシスコ、28日~29日ロサンゼルスまでアメリカ7都市で9公演のツアーを行った。

ニューヨークからロサンゼルスまでアメリカ各都市ごとに現地のMy Day(ファンの名前)の熱い反応が続いた。

会場を訪れたファンは韓国語の歌詞をそのまま歌い「DAY6」とMy Dayが一緒に作る特別な舞台を完成させた。

これについて「DAY6」はロサンゼルス公演終了後、ネイバーVライブで「韓国語の歌詞なので大変だったにもかかわらず一緒に歌おうと努力してくださったこと自体が本当に感動的だった」と感謝の言葉を伝えた。

また、ロサンゼルスに住んでいたメンバーのJaeは、アメリカツアー中に誕生日(9月15日)を迎え、現地ファンとの貴重な時間を送った。

「DAY6」は今回のワールドツアーの初の海外公演地であるアメリカから大きな関心を集めた。

ニューヨークコンサート前、アメリカの看板モーニングショーFox5チャンネルの「Good Day New York」では、「DAY6は無数のK-POPの中、彼らだけのサウンドを表現するグループだ」とスポットライトを当てた。

また、アメリカNBCのオンラインプログラム「Access」、インターネットラジオ放送局「idobi Radio」、雑誌「Teen Vogue」と「Seventeen」、「Allure」など、様々な有力メディアとインタビューを行った。

「DAY6」はワールドツアー「DAY6 WORLD TOUR」GRAVITY」は、2019年8月9日~11日の3日間、ソウル松坡区蚕室室内体育館で行われたソウル公演から始まった。

大邱、釜山を経てアメリカの7つの都市、シンガポール、オーストラリア、マニラ、バンコク、ミラノ、パリ、ロンドン、アムステルダム、ベルリン、リスボン、マドリードなどアジアと米州欧州を巡る「26都市31回公演」の歴代級規模を誇るツアーだ。

そして、きょう(5日)シンガポールで初の単独公演を開催し「K-POP代表バンド」のグローバルな活躍を続ける。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング