tvNが試みる4つの拡張型編成番組、「アイルランド」から「歌に惚れる」まで

Wow!Korea / 2019年10月8日 18時30分

tvNが試みる4つの拡張型編成番組、「アイルランド」から「歌に惚れる」まで(提供:OSEN)

韓国tvN局が“殻を破ったコンテンツ”を披露しバラエティからドラマまでジャンルを拡張させている。

最近tvNの歩みがよどみない。空前絶後の破格的な編成、ドキュメンタリーを彷彿させる繊細な演出などジャンルを超えたさまざまな試みでコンテンツを“名家”の座を固めつつある。

“旅番組「新西遊記外伝:三食‐アイスランドに行く三食」、テレビとデジタルの境界を5分編成が崩す”

「新西遊記外伝:三食‐アイスランドに行く三食」(以下、アイルランド)は極めて「新西遊記」らしい方式でテレビとデジタル間の境界を一気に崩した。まさしく韓国バラエティ番組市場初の5分単独編成である。

「アイルランド」は短いランニングタイムと早いストーリー展開というデジタルコンテンツの公式をそのままテレビに適用した。そうしながらもデジタルの“B級感性”をより整頓させた「新西遊記」式の編成で描き出した。視聴パターンも満足させた。視聴者たちは「新しい驚きで面白い」、「笑って5分、一瞬で削除」、「毎日5分ずつ放送したらいいのに」など爆発的な反応を見せている。またオンラインコンテンツとして始まった「新西遊記」であるために視聴者たちにさらに特別なものと思われている。

“グルメ番組「ストリートフードファイター2」、ドキュメンタリーバラエティとしてお茶の間に「癒し」と「面白さ」を贈る”

「ストリートフードファイター2」(以下、フードファイター2)の面白さは簡潔なテロップと穏やかな展開から来る。特に感覚的な映像美で業界の内外から好評を得ている。「フードファイター2」のスタッフが繊細に演出する場面ごとが視聴覚を満足させる。「美食ドキュメンタリー」と呼んでも遜色ない程度の仕上がりだ。

その一方で、ペク・ジョンウォンのウィットやスタッフのセンスある編集が与える気楽な「面白さ」はバラエティ感を間違いなく立証させる。大衆の反応も爆発的だ。視聴者たちは「穏やかで気楽に見ることができ癒しになる」、「休みたいときに電源をつける」など“フードファイター2印”の癒しが与える面白さに熱狂している。道端で出会った美食や見知らぬ食文化を語り、新鮮な「癒し」と「面白さ」を贈っている。

“ドラマ「安いです、千里馬マート」、原作とのシンクロ率100%で、予測不可能のコメディや視聴者の心をキャッチ”

ドラマ「安いです、千里馬マート」(以下、千里馬マート)が予測不可能のコメディーの連続でドラマのストーリーテリングの限界を超えた。確実性の度合いはドラマのストーリーテリングの必須要素の一つだ。しかし、「千里馬マート」は不意打ちを用いたコミックシステムを活用しながらも、視聴者の没入を逃さない。労組委員長の選抜戦にいきなり登場するスパーリング、パヤ族のダンスから顔にひまわりをつけても違和感のないキャラクターまで、「千里馬マート」ならではの差別化したコミックシステムが話数ごとに自然に笑いを誘う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング