キム・レウォン、主演映画「最も普通の恋愛」が今年最高の恋愛映画興行作品に「“ロコキング”の代名詞は過分だ」

Wow!Korea / 2019年10月10日 21時13分

キム・レウォン、主演映画「最も普通の恋愛」が今年最高の恋愛映画興行作品に「“ロコキング”の代名詞は過分だ」(提供:news1)

俳優のキム・レウォン今月2日に韓国で公開した映画「最も普通の恋愛」(キム・ハンギョル監督)は彼が久しぶりに映画で披露するロマンティック・コメディーという点で期待が高い。彼は観客たちが自身が久しぶりに出演した“ロコ(ロマンティク・コメディー)”映画に期待を持つよりもさらに冷徹に観ているようだと思いを伝えもした。興行はあまり気にせずいつものように謙遜した心構えで結果を見ようとしているということだ。

「私が出演するロコに対する観客たちの期待が高いとおっしゃる声もありますが、私が観るときは冷徹に観ているようだ(笑)そんな期待は何の意味もないようだ。努力をしたからといって自分の思うようにならないようでいつも謙遜しようとし、ただ私がやるべきことに充実になろうとしている。興行はあまり大きな期待はしていなかった。たくさんの方が楽しくご覧になっていただけたらありがたい」

キム・レウォンが大衆たちに“ロコキング(ロマンティック・コメディー・キング)”、“メロキング(メロドラマ・キング)”と心に刻まれた作品たちも多かった。映画「ひまわり」をはじめにドラマ「屋根部屋のネコ」、「愛してると云って」、「ラブストーリー・イン・ハーバード」、「千日の約束」、「黒騎士~永遠の約束~」などはキム・レウォンの存在感を見せた作品だった。それでもキム・レウォンは自分に付けられた“ロコキング”、“メロキング”の代名詞が過分であるという反応を見せた。

「ロコキングという代名詞に対しての思いは…まだよく分からない。私以外にもロコキングという代名詞を持っている俳優たちがとても多くないだろうか(笑)正直、すごく多いようだ。私もテレビや映画で本当にたくさん見ている。私は運良く作品をやるたびによくご覧になってくださって、その名の通りだとおっしゃってくださるようだが、真のキングではないので、本当に真のキングになったときにその質問にお答えしたい(笑)」

これまで作品でキム・レウォンが描いてきた男性のキャラクターは大部分が純情派に近かった。「最も普通の恋愛」で演じるジェホンも恋人との別れの後遺症で毎夜酒で夜を明かすほど、過去の愛に深く苦しんでいたキャラクターだった。すぐ前の作品「LONG LIVE THE KING:木浦(モクポ)英雄」でも熱血弁護士カン・ソヒョン(ウォン・ジナ)に惚れて人生が変わることになる組織のボスチャン・セチュルを演じた。純情派のキャラクターに魅力を感じるのはどうしてだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング