「防弾少年団」サウジ・スタジアムで海外アーティスト初の公演を飾る「この瞬間、忘れない」

Wow!Korea / 2019年10月12日 10時1分

さらに「防弾少年団」は明るいトーンのシャツや花柄のシャツなどやジーンズなどカジュアルな姿で舞台に上がり、最近発表した「Boy with Luv」を熱唱した。メンバーたちは明るい笑顔を見せたり、ユーモアあふれる行動を見せ、JINはバラの花を準備して視線を集めた。ステージを終えた「防弾少年団」は、「残りの曲も喜んでくれるでしょう」とし「ARMY」と大声で叫んだ。RMは「すてきな日暮れだ。注意深く見物して楽しんでください」と呼びかけた。

メドレーの最初の曲は「DOPE」で、会場を走り回りながらパワフルなエネルギーを披露し続いて「Silver Spoon」で持ち前のウイットに富んだ舞台を飾った。また、ヒット曲「FIRE」でエネルギーあふれる姿はもちろん、キレのいいダンスまで披露し、注目を集めた。まもなく「IDOL」まで披露し、会場の雰囲気を盛り上げた。

Vもソロ曲「singularity」でセクシーで官能的な舞台を飾った。ARMYたちはVの姿に歓呼を送った。さらに「防弾少年団」は、オールブラックなど暗いトーンのブラウスを着て、バンド編成にアレンジした「FAKELOVE」を披露した。続いてSUGAは濃い紫色のスーツ姿でソロ曲「SeeSaw」のパフォーマンスを繰り広げた。ソロステージの最後はJINだった。JINはホワイトとブラックのスーツ姿でピアノとともにソロ曲「Epiphany」を始め、その歌唱力を誇り歓呼を呼び集めた。

JINとV、JIMIN、JUNG KOOKというボーカルメンバーはブラック&ホワイトのレースブラウスやスーツ姿などを身に着けユニット曲の「The Truth Untold」を熱唱し注目を集めた。続いてラッパーラインのRM、SUGA、J-HOPEはオールブラックファッションにヘアバンド、ネックレスなどでポイントを加えた衣装を着て、ユニット曲「Tear」で強烈なパフォーマンスを披露した。オールブラックの衣装を着た「防弾少年団」は、「MIC Drop」で仕上げ、強烈なエンディングを披露した。

ARMYたちは「BTS」と叫びながらアンコールを待ち、再び舞台に上がった「防弾少年団」は、白や黒のTシャツなどラフな姿で舞台に上がり、「Anpanman」でウィットに富んだパフォーマンスを繰り広げた。舞台の真ん中にある乗り物を楽しむメンバーの姿も目を引いた。「So What」まで披露した後Vは「今日は気分がとても良い。ARMYもそう?」と述べアラビア語で「最高です!」と言った。 J-HOPEもアラビア語で「愛しています」と言った。「Make It Right」まで歌った「防弾少年団」のRMは「今日一緒に過ごすことができてとてもうれしい」と述べた後、JINは「まもなく私たちが一緒にお祝いすることがある」とし今月13日に誕生日を控えたJIMINを祝った。JIMINは舞台を走り回りながら「気分がとても良い。皆さんありがとう。私が皆さんとこんなふうに会えると思って自分の誕生日であることを忘れていた。それで突然の誕生日にお祝いしてもらってとても幸せだ。皆さんとメンバーたちと私の誕生日を一緒に過ごすことができてもっと幸せだ」と喜んだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング