俳優キム・ミンジュン、結婚後の歩み...ドラマ「私たち恋してたのかな」キャスティング確定

Wow!Korea / 2019年11月14日 23時25分

俳優キム・ミンジュン、結婚後の歩み...ドラマ「私たち恋してたのかな」キャスティング確定(提供:News1)

今年10月、韓国歌手G-DRAGONの実姉であり、実業家のクォン・ダミと結婚して話題を集めた韓国俳優キム・ミンジュンが、本業の俳優に復帰して活発な活動を続けていく。

14日、所属事務所の家族ENTによると、キム・ミンジュンはJTBC新ドラマ「私たち恋してたのかな」(脚本イ・スンジン/演出キム・ドヒョン)にキャスティングが確定した。

キム・ミンジュンはドラマの中で恐いがセクシーなナインキャピタル代表として、過去に組織に身を置いた経歴を清算しナインキャピタルを設立後、金融会社として成長させ「社債業界のロビンフッド」というニックネームで呼ばれながらも、映画会社プロデューサーノ・エジョンの命を狙うク・パド役を務める。

キム・ミンジュンは所属事務所を通じて「久しぶりにドラマに出演することになりました。緊張とワクワク感があります。熱心に準備するので、多くの期待と関心をお願いします」と伝えた。

キム・ミンジュンは「私たち恋してたのかな」に先立って、映画「ソリクン」にキャスティングされ3年ぶりにスクリーン復帰し、本格的に作品活動を始めた。

1995年にファッションモデルとして芸能界にデビューしたキム・ミンジュンは、2003年MBC「チェオクの剣」の主演チャン・ソンベク役でその年の新人賞を受賞して以来、KBS「ベビーシッター」、「ロマンスタウン」、「インスンはきれいだ」 、MBC「もう一度ハッピーエンド」、「チング愛と友情の絆」、「アイルランド」、SBS「猟奇的な彼女」、「いかさま師 タチャ」、「外科医ポン・ダルヒ」、「プラハの恋人」、OCN 「サムデイ」、tvN「身分を隠せ」など、様々な作品に出演し、キム・ミンジュンの柔らかいカリスマ性と重厚な演技で視聴者たちから人気を博した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング