トロット歌手YOYOMI、KBS看板番組「朝の広場」出演で話題沸騰“YouTube登録者数16万人”

Wow!Korea / 2019年11月19日 19時19分

K-POP界のYouTubeスターYOYOMIが「Who's that guy」をKBSテレビ「朝の広場」で熱唱している(提供:OSEN)

韓国KBSテレビの朝の看板番組「朝の広場」とYOYOMI(ヨヨミ)、ユ・ジェソクがインターネットのポータルサイトのリアルタイム検索ワードランキングで1位から3位を占めた。韓国伝統歌謡をリードする先輩たちが2020年度に期待するトップクラスの新人たちを推薦し"挑戦夢の舞台"というコーナーに出演したYOYOMIとユ・ジェソクが大衆たちの関心を受けた。

YouTubeで16万人のチャンネル登録者を有し、発表する楽曲ごとに再生回数100万回を超える「K-POP COVER」ジャンルの格別な存在であるYOYOMIは「私は自分自身をハッピーウィルスだと思う。皆さんの幸せに責任を持ちたい」と自身を紹介した。

これにYOYOMIは「すべてのolder brother(お兄様)の心を独占する」と力強い抱負を伝えもした。

“歌う妖精”というニックネームを持つYOYOMIにトークで共演した女性トロット歌手のクム・ジャンディは「愛嬌満点のYOYOMIのような娘が欲しい」と称賛を惜しまなかった。

1994年生まれで今年で26歳のYOYOMIはK-POP、ダンス、バラードなどさまざまなジャンルをこなし、今一番人気のある歌手に浮上した。一方YOYOMIはファーストミニアルバム「Who's that guy」を発表後、活発に活動中である。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング