ハ・ジョンウ、映画「白頭山」でスジと夫婦役「監督が年の差夫婦のお手本に? “勇気が出た(笑)”」

Wow!Korea / 2019年11月19日 19時56分

ハ・ジョンウ、映画「白頭山」でスジと夫婦役「監督が年の差夫婦のお手本に“勇気が出た”」(提供:news1)

俳優のハ・ジョンウが映画「白頭山(ペクトゥサン)」でスジ(元Miss A)と夫婦役を演じたことに対して発言した。

ハ・ジョンウは19日午前ソウル・江南区(カンナムク)新沙洞(シンサドン)CGV 狎鴎亭(アックジョン)で開かれた映画「白頭山」(監督:イ・ヘジュン、キム・ビョンソ)の制作報告会で「スジと夫婦役で出演したが、映画の最初と最後で会うシーンがある」と述べた。

彼は続けて「スジさんがキャスティングされたとき年の差がかなりあるので相応しいかと一人で悩んだが、キム・ヨンファ監督も奥さんと年の差がもっとあると周囲から言葉をかけられ勇気が出た」と述べ笑いを誘った。

スジは「一人で撮影現場に出かけ災難を迎える時に寂しい部分が多く、撮影に没入することは容易なことだった。『本当に一人なのだ』と寂しくて怖くて、そして強くなった。そのようにさらに没頭できた撮影現場だった」とし「先輩たちと共演することになりとても緊張した。撮影現場に行くとき緊張感と期待を持って臨んだ」と打ち明けた。

一方、映画「白頭山」は韓国と北朝鮮の両方を飲み込む未曽有の災害であり、白頭山の爆発を防がなければならない人々の物語を描いた映画だ。イ・ビョンホンやハ・ジョンウ、マ・ドンソクやチョン・ヘジン、スジなどが出演し、今年12月に韓国で公開される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング