「EXO」、ク・ハラさんの悲報を受け新譜のティザー日程を調整へ「深い哀悼の意を表する」

Wow!Korea / 2019年11月25日 1時57分

「EXO」、ク・ハラさんの悲報を受け新譜のティザー日程を調整へ「深い哀悼の意を表する」(提供:news1)

ガールズグループ「KARA」出身歌手ク・ハラ(HARA)さん(28)の突然の悲報を受け、ボーイズグループ「EXO」が新譜のティザー日程を調整することになった。

「EXO」は今月24日に公式ツイッターを通じて「残念な悲報で予定されていた『EXO』の6枚目のアルバム発売へのティザー日程を調節する」とし「後日再び日程をお知らせする予定なので、お待ちいただいている皆さんのご了解を願いたい」と明らかにした。

そして「深い哀悼の意を表し、謹んで故人の冥福を祈る」と加えた。

「EXO」は今月27日に6枚目のアルバムを発表する計画であり、これに先立ちティザー日程などを順次公開する予定だった。

先だってソウル江南(カンナム)警察署は同日午後ク・ハラさんがソウル江南区清潭洞(チョンダムドン)の自宅で息を引き取ったまま発見されたと明らかにした。現在詳細な事件経緯は捜査中である。

悲報が伝えれた後、ク・ハラさん側の関係者は「とても悲しく残念なニュースを伝えることになった。故人が最後に行く道に深い哀悼を表する」と残した。

そして「現在ク・ハラさんの遺族や知人たちの心理的な衝撃と不安が大きい」とし「メディア関係者やファンの方々の弔問をはじめ、デマや推測性のある報道を自粛してくださるよう切に願う」と呼びかけた。

ク・ハラさんは韓国での所属事務所はなく、日本のエージェンシーと契約を結び活動中であったが、上記の声明文はク・ハラさんのマネージャーを通じて伝えられた。

ク・ハラさんは2008年に「KARA」のメンバーとしてデビューしとても愛された。ク・ハラさんの合流後「KARA」は、「Rock U」、「Good day」、「Pretty Girl」、「Honey」、「ミスター」、「LUPIN」などの楽曲をヒットさせ高い人気を誇り、日本での活動もまた活発に行った。2015年にはソロとしてデビューし、「Choco chip Cookies」を発表し、その後多数のドラマOSTに参加もした。彼女は歌手活動の他にもSBSドラマ「シティーハンター」などで演技活動も並行し、各種バラエティ番組でも格別の魅力を披露した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング