IU(アイユー)、出演ナシでも「Love Poem」で4冠王…「AOA」、カン・ダニエル、ソンミン(SUPER JUNIOR)もカムバック

Wow!Korea / 2019年11月29日 21時43分

歌手IUのミニアルバム「Love Poem」が、番組に出演しない状態で1位に輝いた。この日は「AOA」とカン・ダニエル、ソンミン(SUPER JUNIOR)がカムバックし、それぞれ新曲を公開した。

29日に放送されたKBS2の「ミュージックバンク」では、IUが「Love Poem」で1位に輝いた。IUは番組に出演していない。IUの「Love Poem」は、同じくIUの曲「Blueming」とのトップ対決の結果1位となった。IUは、ファンミーティングに出席するため今日台湾に出国していた。

番組では「AOA」、カン・ダニエル、ソンミン(SUPER JUNIOR)らがカムバックステージを披露。ソロ公演を控えているカン・ダニエルはインタビューで「久しぶりにミュージックバンクに出演したのでとても緊張している。早く曲を披露したい。ファンの皆さん、僕のカムバックでこの冬を暖かく過ごしてください」と語った。

カン・ダニエルの曲「TOUCHIN」は、90年代に一世を風靡したポップサウンドがベースになっている。ワイン色のスーツを着たカン・ダニエルは、相変わらずのイケメンぶりを際立たせた。また、控え目なダンスと力強いパフォーマンスで、自身の持ち味を十分に放出した。

「AOA」も、1年半ぶりに「私に会いに来て」でカムバックした。同曲は、幻想的な雰囲気が漂いながらも、強烈なビートと味のあるギターサウンドがマッチしたダンスソングだ。

「AOA」のカムバックステージは完璧だった。ステージ衣装からパフォーマンスまで、完成されたビジュアルを披露した。魅力的なサウンドとカリスマ性溢れるダンスが視聴者の心を一気に掴んだ。

ソンミン(SUPER JUNIOR)は、初のソロミニアルバム「オルゴール」の新曲を披露。「オルゴール」は、ギターのメロディーと心温まるアコースティックサウンドが心地良い曲だ。

この日の「ミュージックバンク」は、「AOA」、「CIX」、カン・ダニエル、「NATURE」、「MAMAMOO」、「ASTRO」らが出演した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング