「防弾少年団」、本日(11/30)「MMA2019」に参加、年末授賞式への砲門を開く“パフォーマンスに期待大”

Wow!Korea / 2019年11月30日 11時51分

「防弾少年団」、本日(11/30)「MMA2019」に参加、年末授賞式への砲門を開く“パフォーマンスに期待大”(提供:OSEN)

ボーイズグループ「防弾少年団」が「MMA2019」に参加し、年末の授賞式のステージへの砲門を開く。

30日にソウル・高尺(コチョク)スカイドームで開かれる「MMA 2019 (Melon Music Awards)Imagine by Kia」へすでに出演を確定した「防弾少年団」は昨年に続いて今年も特別なパフォーマンスを予告し、ファンたちの期待を高めている。

「防弾少年団」が昨年「MMA2018」で見せた「FAKE LOVE」、「Airplane pt.2」、「IDOL」など3曲のパフォーマンスはいまだにレジェンドステージとして好評を得ている。特に「IDOL」のステージでは五鼓舞、扇子舞、仮面舞踏などを活用し韓国の風流を盛り込んだパフォーマンスを披露し、全世界のファンたちを魅了した。

「防弾少年団」は今年の公演でも7人のメンバーの個性を活かしたコンセプトのステージを含め、全世界のファンたちのための特別なパフォーマンスを届ける予定だという。

また「防弾少年団」は昨年、大賞に該当する「今年のアーティスト賞」と「今年のアルバム賞」を含む「ネチズン(ネットユーザー)・ポピュラリティー賞」、「カカオ・ホット・スター賞」、「ミュージックスタイルラップ/ヒップホップ部門」、「グローバルアーティスト賞」、「トップ10」まで、実に7個のトロフィーを掲げたことから、今年の授賞式でははたして何冠を獲得するのかもまた関心事だ。

「防弾少年団」は今年4月に6枚目のミニアルバム「MAP OF THE SOUL : PERSONA」を発売し、全世界のファンたちから熱く愛され、各種新記録を打ち出した。このアルバムはアメリカ・ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」の1位はもちろん、イギリスの「オフィシャルアルバムチャートトップ100」でも1位を獲得し、イギリスのギネスワールドレコードから韓国歌手で最多の販売新記録に登録されるなど人並み外れたグローバルな人気を実感させた。

この他にも「防弾少年団」は昨年8月から始まった「LOVE YOURSELF」ツアーとその延長線である「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」ツアーで韓国歌謡界の新しい歴史を刻んだ。北南米やヨーロッパ、アジアなどのコンサートを進行したすべての地域で、スタジアムツアーを開催した最初の韓国歌手であると同時に、サウジアラビアで海外歌手で初めて単独スタジアム公演を繰り広げた。

今月24日に開催された「2019 American Music Awards」で「Pop/Rock」ジャンルの「Favorite Duo or Group」や「Tour of the Year」、「Favorite Social Artist」賞を受賞し3冠王を記録し、再びグローバルな影響力を発揮した「防弾少年団」が「MMA2019」ではどんな受賞結果を手にするのか期待が寄せられている。

一方「MMA2019」の授賞式は本日(11/30)午後7時からソウル・九老区(クロク)高尺スカイドームで開催される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング