「Stray Kids」、カムバックD-7=「失望させない」、ニューアルバム制作記

Wow!Korea / 2019年12月2日 16時5分

「Stray Kids」、カムバックD-7=「失望させない」、ニューアルバム制作記(提供:OSEN)

「Stray Kids」がミニアルバム「Cle : LEVANTER」の準備過程を伝えた。

「Stray Kids」は2日の正午に公式SNSチャンネルで、曲制作のビハインドとカムバックに向けた覚悟を、本人たちの口から直接語るアルバム制作記「イントロ映像」を公開した。

映像では「Stray Kids」の汗と情熱が込められた作品「Cle : LEVANTER」に関する濃い愛情を見せてくれた。

リーダーのバンチャンは「風が吹く。生きなくては」という詩にインスパイアされて曲を作り始めたと話した。

タイトル曲の「Levanter」は8人の切実な気持ちを込めた歌で、「Stray Kids」だけのカラーと大衆に聴いてもらいやすい要素を同時に込めたそうだ。

グループ内のプロデュースチーム「3RACHA」が作詞、作曲に参加した今回の曲はJYPエンターテイメントの代表プロデューサーであるパク・ジニョンとHerz Analogが作詞のクレジットに名を連ねており、注目されていた。

ダンスは8人のメンバーが作った1編の映画のような雰囲気で、これまで見せてきたパフォーマンスとはまた違った魅力があると明らかにし、期待感を高めた。

リノは「パートごとにストーリーが込めることに集中した結果、ダンスの制作に時間が掛かった」とし、フェリックスは「『Side Effects』が火なら『Levanter』は水だ」と話した。

また「3RACHA」はアメリカでの準備期間中のエピソードを話し、アルバムへの期待をさらに高めた。ハンは「『3RACHA』が5月のアメリカツアーを終えたあともアメリカに残って曲作りをしていた。1週間で約15曲作ったが、いい曲が作れたと思う。そのなかの曲が『Sunshine』と『You Can STAY』だ」と紹介した

そうかと思えば、メンバーたちは今回のアルバムを制作しながら感じた気持ちを明らかにし、気合いたっぷりの抱負についても語った。

「『Cle : LEVANTER』シリーズの完結作となる今回のアルバムを準備しながら、これまで必死に駆け抜けてきた時間を振り返ることができた。これからも進みたい道、正しい道を一生懸命走っていくつもりだ」とし、グループの方向性がはっきりとしたものになったように見えた。

続けて「歯を食いしばって準備してきたアルバムなので失望はさせない。ファンの方のためなら何でもできると考えている」と口をそろえた。

今回のティーザーでは「Cle : LEVANTER」に向けた並々ならぬ愛情と真剣さ、そして「Stray Kids」の深い音楽性を明らかにすることで、ファンの待ちわびる気持ちはより大きくなった。

「Stray Kids」のニューアルバム「Cle : LEVANTER」とタイトル曲「Levanter」は12月9日の午後6時に各種音源サイトで公開される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング